[c002]著作権が移転する旨の応募要領の有効性
平成13年8月9日東京高等裁判所[平成13(ネ)797]

【コメント】
本件は,控訴人が作成し,小諸市立東中学校改築事業基本設計コンペ(「東中コンペ」)に提出して合格したコンペ案(「東中コンペ案」)を前提とした実施設計図中の1枚である別紙第二設計図(「本件設計図」)を,被控訴人が複製又は翻案して,同市立芦原中学校改築事業基本設計コンペ(「芦原中コンペ」)に提出するために別紙第一設計図 (「被控訴人設計図」)を作成し,控訴人の著作権及び著作者人格権 (同一性保持権)を侵害したとして,控訴人が,被控訴人に対し,被控訴人設計図の使用の中止並びに所定の慰謝料等の支払を求めた事案の控訴審です。

【裁判所の判断】
2 東中実施設計図の著作権の帰属について
(1) 証拠によれば,次の事実が認められる。
(ア) 小諸市は,同市立小諸東中学校の改築工事を実施するに当たって,複数の建築設計業者から構成される設計監理共同企業体を一つの応募単位として,同改築工事の基本的な設計を競わせ(東中コンペ),応募させる設計図書(付近見取 図,配置図,各階平面図,立面図,説明書)を審査したうえ採否を決定し,採用した設計図書の作成者には,改築工事の実施に当たり,実施設計・監理を委託し,これに対する報酬を支払うという方針を立て,昭和63年12月23日に,応募説明会を催した。その際の応募要領には,「採用した設計図書等の著作権は小諸市に帰属するものとし,この使用については小諸市が自由に行えるものとする。」と記載されていた。
(略)
(2) 上記認定の事実によれば,青建・布矢・甘利共同企業体名義で提出し,採用された東中コンペ案及びこれを前提にした実施設計図(東中実施設計図)は,その著作者が控訴人であるか青建・布矢・甘利共同企業体であるかにかかわりなく,その著作権が小諸市に帰属していることが明らかである。    (3) この点について,控訴人は,原審において,東中コンペに合格したとしても,採用された設計図書の著作権全部が小諸市に移転するものではなく,東中学校を建設するのに必要な範囲で著作権の一部が小諸市に譲り渡されるにすぎず,それ以外は設計者である控訴人に残存する旨主張している。
しかしながら,小諸市の応募要領には,前記のとおり,「採用した設計図書等の著作権は小諸市に帰属するものとし,この使用については小諸市が自由に行えるものとする。」と記載されており,応募者は,この条件を受け入れることを前提として,東中コンペ案を提出し,これが採用されたのであるから,小諸市と応募して採用された者との間には,採用された設計図書の著作権を小諸市に移転することについての合意が成立していると認められる。そして,小諸市の応募要領には,小諸市に移転するべき著作権の範囲について何らの限定もなく,また,上記権利移転の合意について何らかの制限があったことを窺わせるものは,本件全証拠を検討しても見いだすことができない。
(4) そうすると,東中コンペ案についてもこれを前提にした東中実施設計図についても,控訴人が,これに基づく著作権主張をなし得ないことは,明白というべきである。

コンテンツ契約トラブル事例集 トップ 


     Kaneda Copyright Agency
     カネダ著作権事務所


      Home  メール相談  契約マネジメント  文化庁登録マネジメント  侵害対応マネジメントその他 
      アメリカ著作権局登録マネジメント  著作権判例エッセンス