[e028]著作権侵害罪

映画著作物の著作権者から著作権の一部譲渡を受けたのではなく(著作権法611項参照)、独占的にビデオグラムの形態により複製・頒布・上映することを許諾されたいわゆる独占的ビデオ化権者であっても(同法631項参照)、著作権者の許諾を得ていない者によって当該映画著作物がビデオ化され、著作権が侵害された場合には、刑訴法230条にいう「犯罪により害を被った者」に当たり、告訴権を有すると解するのが相当である(最高裁昭和44年(あ)第1590号同451222日第三小法廷判決参照)。
平成7年4月4日最高裁判所第三小法廷[平成6(あ)582]

著作権法11312号にいう「著作権を侵害する行為によって作成された物を情を知って頒布する行為」が同法1191号【注:現119条1項】にいう著作権の侵害に当たるとした原判断は、正当である。
平成7年4月4日最高裁判所第三小法廷[平成6(あ)582]

著作権判例エッセンス トップ 


     Kaneda Copyright Agency
     カネダ著作権事務所


      Home  メール相談  契約マネジメント  文化庁登録マネジメント  侵害対応マネジメントその他 
      アメリカ著作権局登録マネジメント