白山神社春季大祭 新潟県糸魚川市



大宝2年(702年)まで歴史がさかのぼるといわれる白山神社。国の重要無形文化財に指定されている本殿をはじめ、国や県の文化財に指定されている宝物をのこす。奉納される舞楽でも有名な白山神社春季大祭は、地元では”能生祭”として親しまれている。 稚児舞については、長亨2年、僧万里集九の日記「梅花無尽蔵」の中に白山神社に童舞のあったことが記されており、その始まりは永亨年間(室町時代)と伝えられています。
祭りは、4月23日の宵祭り24日のほん祭り。23日夕刻、神社に参り心霊を神輿に移す。これが宵祭り。24日午前零時、法螺貝が響き渡る。これを”一番貝”という。3時の2番貝を合図に稚児たちは起床する。古くからのしきたりで、行事のはじめには、必ず法螺貝が吹かれる。3番貝を合図に稚児行列が神社へと向かう。本祭りの始まりである。
この祭り一番の見ものである舞楽の奉納は24日の午後から行われる。国の重要無形文化財に指定され、十二曲が奉納される。
舞台は水舞台。境内の池の中に造られ、楽屋までは橋がかけられる。 祭りの先導役であの大人衆による獅子舞は勇壮で動きも激しく数分にして交代を余儀なくされる。行列の先頭にあって悪魔邪鬼をはらう。以下振舞・候礼・童羅利・地久と稚児の舞が水舞台の上で演じられる。能抜頭は大人、泰平楽は稚児、納曽利は大人、弓法楽・児抜頭・輪歌は稚児と、アクセントをつけて舞われるが、十二曲の舞楽の中でも最後に舞われる”陵王(りょうおう)”は、真紅の衣装が目にも鮮やかで印象に残る。「陵王の舞」は日没の時間に行われるが、舞の中に夕日を呼び戻すような動きがあることから「日招きの舞」とも呼ばれている。
その面は、古代中国の武人、蘭陵王(らんりょうおう)が戦いに用いたという陵王面に由来する。舞はその蘭陵王がその柔和な顔を隠すため獰猛な仮面をつけたという故事にのっとったもので、勇壮活発なさまを表現している。また、現在は使用されていないが、面の裏に”寛正六天乙酉”(1465年)という朱書きが見られる陵王面も残されている。ここからもこの舞の歴史の古さがうかがえる。
舞い終わりに陵王が橋掛けから楽屋へと跳ぶ(走りこむ)。時を同じくしてよい祭りで心霊を移された神輿が拝殿へ移される。心霊の還御である。祭りの象徴でもある陵王が姿を消すとともにこの祭りは終わる。

昭和55年1月28日、糸魚川・能生の舞楽として国の重要無形民俗文化財に指定されました。《祭り一口メモ》


〔日時〕毎年4月24日
〔会場〕糸魚川市大字能生7238 白山神社
〔アクセス〕
  • 電車…日本海ひすいライン能生駅から徒歩20分
  • 車… 北陸自動車道「能生IC」から車で5分
〔見どころ〕
  • 能生白山神社 お筒粥の神事・献灯祭  毎年1月14日、15日

〔交通情報〕

〔ホームページ〕 http://nouhakusan.jp/




白山神社   地図 ストリートビュー





【白山神社春季大祭】 From YouTube ※左上隅をクリックすると再生リストが表示されます





能生周辺のホテル・旅館情報
icon icon

多喜屋
多喜屋
ジャンル:らーめん
アクセス:JR北陸本線能生駅 車5分
JR北陸本線能生駅 徒歩20分
北陸自動車道能生I.C. 車5分
住所:〒949-1352 新潟県糸魚川市大字能生7550-75(地図
周辺のお店のプラン予約:
焼肉レストラン 慶州 のプラン一覧
日本海地魚グルメ 魚がし のプラン一覧
浜焼太郎 上越高田店のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 上越・妙高×ラーメン
情報掲載日:2015年2月1日



かにや旅館
日本海直送!とれたて!茹でたて!新鮮な紅ずわいかにを召し上がれ♪蟹食べ放題も大好評!