宮柊二 みやしゅうじ 魚沼市



1912年(大正元年)8月23日〔生〕 - 1986年(昭和61年)12月11日〔没〕

宮柊二は大正元年(1912)堀之内町書店「丸末」にうまれ、本名を肇といった。彼がこよなく愛し続けた郷里堀の内とは、雪国のさびしく陰鬱な土壌ではあったが、緑の丘陵に囲まれ、一筋の清流に沿って開けた宿場町は、文化の行き交うところでもあった。
柊二一家はその後横浜に転居することになるが、昭和10年(1935)北原白秋主催の「多磨」が創刊されると、柊二は入会するとともに、北原白秋の秘書をし歌の道を歩みはじめた。
昭和14年(1939)日本製鐵入社。途中、兵役に応召し、中国山西省で足掛け5年兵士として過ごす
戦後昭和28年(1953)には、歌誌 コスモスを創刊する。その後歌に専念し、宮中歌会始めの他、新聞、雑誌歌壇の選者をする。
昭和52年(1977)に日本芸術院賞受賞を受け、日本芸術院会員となる。
昭和61年(1986)、74歳の生涯を閉じた。
著書に、歌集『多く夜の歌』『独石馬』等がある。

昭和52年(1977)、堀之内小学校の前庭に、宮柊二の歌碑が建立された。

「空ひびき土ひびきして雪吹ぶくさびしき国ぞわが生まれぐに
夜もすがら空より聞こえる魚野川瀬ごと瀬ごとの水激ち鳴る」


宮柊二記念館
〔所在地〕新潟県魚沼市堀之内117-6 ⇒ストリートビュー
〔アクセス〕
〔HP〕http://www.city.uonuma.niigata.jp/miyashuji/

宮柊二記歌碑
〔所在地〕新潟県魚沼市堀之内430−3 堀之内小学校
〔アクセス〕
〔碑文〕
   『夜もすがら空より聞こえ魚野川瀬ごと瀬ごとの水激ち鳴る』







大型スーツケース・旅行用品のトラベラーストア



越後堀之内駅 周辺のホテル・旅館


宮柊二の検索結果


レストラン 朱鷺
レストラン 朱鷺
ジャンル:洋食和食酒レストラン
アクセス:JR上越線越後堀之内駅 徒歩2分
住所:〒949-7413 新潟県魚沼市堀之内525(地図
周辺のお店のプラン予約:
まんまらろ のプラン一覧
竹取御殿 長岡駅前店のプラン一覧
味自慢 村将軍 本店のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 柏崎・湯沢×洋食屋
情報掲載日:2015年4月28日






宮柊二『山西省』論 [著]佐藤通雅

日中戦争下で、山西省は象徴的な意味をもつ。激しい戦闘と軍事上は「戦争」の残酷さを、政治上も戦後は軍閥閻錫山(えんしゃくざん)に組みこまれ日本兵が国共内戦に巻きこまれた。歌人の宮柊二は、この山西省で「一兵」として4年間戦った。