中野貫一 新潟市秋葉区



弘化3年9月8日(1846年10月27日)〔生〕 - 昭和3年(1928年)2月25日〔没〕

一代にして巨億の富を築いた石油王中の貫一は、あらゆる困苦にもくじけず、鉄石の信念で初志を貫いた越後人の典型ともいう人物である。 貫一は弘化3年(1846)山間の金津村(現新潟市秋葉区金津)に生まれた。
家は庄屋役のかたわら、付近に自然にわきでる草水油(石油)を採取して販売していた。しかしその量はわずかなものであった。父の死去に伴い14歳で後を継いだ。

明治5年(1873)日本坑法が発布され、楠本県令は大いに石油採掘を奨励した。
そこで貫一は明治6年(1874)固い決意で石油事業に着手した。しかし採掘は失敗の連続、10年間で100本近く掘ったが成果はなく、資金的にも窮地に追い込まれ、家運は次第に傾いた。
艱難辛苦13年の末、明治18年初めて本格的採油に成功した。長男忠太郎(1862〜1939年)が「石油が噴き出す夢を見た」という場所を掘ってみると、地下22メートル地点から石油が噴出したのだ。その後、貫一は塩谷地区にも進出し、石油井戸の掘削を次々と成功させる。

そしてようやく事業が軌道に乗りかけたとき、思いもよらない塩谷事件(坑法違反事件)に巻き込まれ、採掘禁止と借地権没収の処分が下る。
貫一ら同業者はこの命令を不当として請願運動を続けたがすべて却下された。同業者が運動から離脱する中で、一人貫一は命令の不当性を行政裁判所に訴え、明治24年(1892)ついに勝訴した。
塩谷事件解決を機に、貫一は,明治36年(1904)には米国から機械式の掘削機を購入し、石油生産量を大幅に増やした。金津・塩谷両地区を含む一帯の新津油田の年間産油量は、1917年には12万キロリットルとなり、日本一の産油地になった。

中野興業会社と改め、日石・宝田と並ぶ三大石油会社に発展した。一業に徹した石油王中野貫一は昭和3年(1928)2月、83年の生涯を閉じた。貫一は故郷を愛し、病死するまで生涯を地元で終えた。

中野貫一は、現在でも新潟市秋葉区金津地区の住民からは「中野様」と呼ばれ慕われているという。新津油田最盛期の明治末期には、約1500人の従業員のほとんどを地元や周辺地域から雇用。晩年には中野財団を設立し、貧しい学生への奨学金貸与や地元小学校に講堂を寄付するなど慈善事業に力を入れていた。貫一が住んでいた屋敷は「中野邸美術館~もみじ園」として開放されている。中野邸美術館はその後、2017年4月20日、「中野邸記念館」に名称を改めている。


「中野邸記念館」(旧中野邸美術館)
〔所在地〕新潟県新潟市秋葉区金津598
〔アクセス〕
〔特徴〕中野家が収集した美術コレクション石油文化資料の展示

〔中野貫一を紹介しているサイト〕





中野邸美術館   地図 ストリートビュー



【中野邸】 From YouTube ※左上隅をクリックすると再生リストが表示されます







中野貫一の検索結果