小林幸子 



1953(昭和28)年12月5日〔生〕-

小林 幸子(こばやし さちこ、1953(昭和28)年12月5日-)は新潟県新潟市出身の演歌歌手である。本名、林 幸子。旧姓、小林。血液型はA型。 レコード会社コロムビアミュージックエンタテインメント所属。
1963年、TBS「歌まね絵本」でグランドチャンピオンとなり、審査委員長の古賀政男にスカウトされる。1964年、古賀作曲の『うそつき鴎』でデビュー。1979(昭和54)年発表『おもいで酒』の大ヒットで、この年の暮れNHK「紅白歌合戦」に初出場。 漫画家の小林まこととは親戚である。



■記念碑
  • 感謝の碑
    〔所在地〕新潟県長岡市宮本東方町 国営越後丘陵公園⇒地図
    〔特徴〕新潟県中越地震からの山古志地域の復興を祈念して平成19年3月に建立された。感謝の碑の左側には歌手小林幸子の「越後絶唱」の歌詞がしるされている
  • 雪椿歌碑
    〔所在地〕新潟県加茂市 加茂山公園
    〔特徴〕小林幸子のヒット曲『雪椿』の歌碑


■代表作
《ミュージック》

《DVD》


《書籍》
 
事務所 幸子プロモーション
      東京都千代田区平河町2-14-7 YUKEN平河町ビル5F.

略歴
・1963年、TBS『歌まね読本』でグランドチャンピオン
・1964年、古賀作曲の『ウソツキ鴎』でデビュー
・1968年、青春ドラマ『青い太陽』に主演
・1974年、第一プロダクションに移籍
・1979年、『おもいで酒』が200万枚の大ヒット、『第30回NHK紅白歌合戦』に初出場
・1980年、シングル『とまり木』も大ヒット
・1983年5月、ロサンゼルス、ブラジルなどで初めての海外公演を行い、新宿コマ劇場で初の単独座長公演
・1987年、幸子プロモーションを設立
・1996年、日本コロムビアに移籍
・1997年、第9回日本ジュエリーベストドレッサー賞受賞
・1998年、芸能生活35周年を迎え、ライブ「35th ANNIVERSARY Boogie&Blues」を開催
・2000年、日本レコード大賞 美空ひばりメモリアル選奨受賞
・2001年、『夢の涯て〜子午線の夢』で、日本レコード大賞編曲賞受賞
・2003年、芸能生活40周年、加茂市に「雪椿」の歌碑が建立、藤田まさと賞大賞受賞
・2004年、第55回NHK紅白歌合戦で、初の大トリを務める
・2005年、新潟市、長岡市より特別感謝状を授与。日本レコード大賞特別表彰
・2006年、第27回松尾芸能賞大賞受賞、紺綬褒章を受章
・2007年、長岡市に『越後絶唱』の歌碑が建立
・2012年5月1日、日本財団主催の「被災地で活動した芸能人ベストサポート」で表彰される
・2012年4月、幸子プロモーションの女性社長と専務を解雇、8月、日本コロムビアと契約解除
・2014年、日本武道館コンサート『50周年記念小林幸子in武道館〜夢の世界〜』を開催し、公演の模様はニコニコ動画により生放送。
・2015年、母校の新潟市立日和山小学校の校歌を作詞・作曲





【小林幸子】 From YouTube ※左上隅をクリックすると再生リストが表示されます









小林幸子の検索結果



楽天 演歌ランキング