水島 新司 



1939(昭和14)年4月10日〔生〕 -

水島 新司(みずしま しんじ、1939年4月10日 - )は、漫画家で、野球漫画の第一人者。新潟県新潟市出身。代表作に『ドカベン』など。
実家は、新潟市白山で魚屋を営んでいた。白山中学の時代には、毎朝河岸に通って、家業を手伝った。中学三年の時には、出席日数が不足して、卒業も危ぶまれた。
白山中学の隣りには、後の水島の作品にも登場する明訓高校があった。家の事情で進学できなかったが、水島にとって、明訓高校の野球部は、憧れだったと思われる。
漫画は昼休みの2~3時間を利用して描きつづけていた。そして、大阪の出版社の新人杯に入選する。そして、1958年水島18歳のとき、請われて、大阪の出版社に勤めることになる。
1964年上京。
1970年、週刊少年サンデーで「男どアホウ甲子園」を発表
1972年、少年チャンピオンで「ドカベン」を発表など
2002年12月14日、: さびれた商店街を再生させるために作られた「水島新司まんがストリート」の目玉として、人気キャラの「ドカベン」や「あぶさん」など7体のブロンズ像が設置された。
1998年に創設された新潟市主催「にいがたマンガ大賞」では第1回開催から第11回開催まで最終審査委員長を務めるいた。
2005年4月紫綬褒章を受章。
2009年4月、市主催「にいがたマンガ大賞」最終審査員を辞任。※6月完成予定の県営野球場に「ドカベン」の名称を使う構想を県から申し込みを受け了承していたが、泉田裕彦知事の判断で事実上頓挫したことで、行政への不信感を募らせたことが原因とみられる。


代表作
    書籍   「あぶさん 」、「ドカベン 」、「野球狂の詩 」など。
     DVD  ドカベン   野球狂の詩

記念碑
  • 水島新司マンガキャラクターストリート⇒ストリートビュー
    〔所在地〕新潟県新潟市古町通5番町

所属事務所
  • 水島プロダクション
    〔所在地〕東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目32−11‎




略歴
・1958年、貸本漫画出版社『日の丸文庫』の漫画短編誌『影』の新人漫画コンクールにデビュー作『深夜の客』を投稿
・1964年、日の丸文庫専属を経て独立、上京
・1969年、『エースの条件』を発表
・1970年、『男どアホウ甲子園』、『銭っ子』を連載
・1972年、『野球狂の詩』『ドカベン』を連載開始
・1973年、『あぶさん』を連載開始
・1975年、『一球さん』を連載
・1976年、『球道くん』を連載
・1977年、野球漫画専門誌『一球入魂』を創刊し『ある野球人の記録』を連載
・1981年、『光の小次郎』を発表
・1983年、高校野球漫画の集大成作品『大甲子園』を発表
・1984年、『極道くん』
・1987年、『虹を呼ぶ男』
・1988年、『ストッパー』
・1990年、『おはようKジロー』
・1993年、『平成野球草子』
・1995年、『ドカベン プロ野球編』
・1997年、『野球狂の詩 平成編』
・2000年、『新・野球狂の詩』
・2004年、『ドカベン スーパースターズ編』
・2005年4月、 紫綬褒章受章
・2007年、第36回日本漫画家協会賞文部科学大臣賞受賞
・2014年11月、 旭日小綬章受章









【水島新司】をオンラインショッピングで探す


AMAZON コミックランキング


楽天コミックランキング