会津八一 Yaichi Aizu 新潟市



1881(明治14)年8月1日 〔生〕- 1956(昭和31)年11月21日〔没〕

會津八一は明治14年新潟市古町の料亭・会津屋で、1881(明治13)年8月1日に生まれた。
日本の歌人・美術史家・書家。雅号は、秋艸道人、渾斎。新潟県の地方紙「新潟日報」の題字は会津が揮毫したもの。
1914(大正3)年春、八一が転居先の東京小石川で郷里越後から受け入れた学生3人に「心得」を示す(「学規」碑として後に残される)。
1945(昭和20)年から翌21年7月まで旧中条町西条町の丹呉家ですごした。そしてこの1年余りの間に多くの作品を残している。

1946(昭和21)年7月25日より、會津八一は伊藤文吉別邸(現、北方文化博物館新潟分館)内の洋館を「南浜・秋艸堂」と呼んで、永眠するまで暮らした。
1951(昭和26)年、新潟市名誉市民。
1956(昭和31)年11月21日、76歳で没した。


著作

歌碑

     瑞光寺
        住所 新潟県新潟市中央区西堀通3番町797
           ※地図  ※ストリートビュー
        TEL  025-229-4336

会津八一記念館

北方文化博物館新潟分館

明治末期に北方文化博物館の七代目伊藤文吉氏が取得した建物で、この中の洋館で、八一はその晩年を過ごした。現在は博物館として、八一の書や資料、良寛の書を展示している。


略歴






【会津八一】 From YouTube ※左上隅をクリックすると再生リストが表示されます







会津八一の検索結果









詩歌ランキング









墓所 会津八一記念館 北方文化博物館新潟分館 会津八一の生家の碑