ジャイアント馬場 三条市



昭和13(1938)年1月23日〔生〕~平成11(1999)年1月31日〔没〕

元プロ野球選手でありプロレスラー。本名は馬場 正平(ばば しょうへい)。
新潟県三条市出身青果店の次男として生まれた。血液型はO型。身長209cm(読売ジャイアンツ時代の発表は203cm)、体重135kg(全盛期は145kg)、足のサイズ32cm。
実家は青果商で、市内外で開かれる朝市に毎朝、テントの店を出していた。
十歳頃から、店を切り盛りする母を手伝い、毎朝、登校前に5キロ離れた市場までリヤカー、冬はそりで通った。
野球に熱中し、三条実業高校(現三条商業高校)で投手になった。甲子園には出場できなかったが、練習試合で1ゲーム17三振を奪った制球力がスカウトの目にとまる。
・1955年、巨人軍に入団。プロ野球選手となったが、その後、突然視力が低下。
・1959年、巨人軍から解雇通告を受けた。5年間のプロ野球選手としての生涯成績は0勝1敗。
・1960年3月、「家を継いだらどうだ」とすがる家族を振り切り入門。力道山の指導のもと、血のにじむような鍛錬を積んだ。半年後、東京・台東体育館で「超大型新人」として初のリングに上がった。
・1961年早々、力道山の指示でプロレスの本場・アメリカへの武者修行に旅立つ。その巨体と強さから「東洋の悪魔」として恐れられた。「ジャイアント馬場」のリングネームがついたのもこのころという。
約1年間の渡米中に世界タイトル戦にも挑戦。
・1972年、同門の猪木とたもとを分かち、名実ともにプロレス界の代表となった。自ら『全日本プロレスリング』を旗揚げ。
・1974年、ジャック・ブリスコを破って、当時世界で最も権威があるとされたNWA世界ヘビー級王座をアジア人として初めて獲得。
・1998年、国内公式戦5758試合出場達成。
・1999年1月31日、61歳で肝不全により死去。 「明るく 楽しく 激しいプロレス」を提唱。生涯現役を貫き通す。

・1999年4月17日に行われた「お別れ会ありがとう」には、約28,000人のファンがつめかけた。
・2016年9月、出身地・新潟県三条市の名誉市民に決定。10月に遺族が授与する。







【ジャイアント馬場】 From YouTube ※左上隅をクリックすると再生リストが表示されます





ジャイアント馬場の検索結果





ジャイアント馬場自伝


ジャイアント馬場

{{item.itemName}}

{{item.itemPrice}}円