川田芳子 新潟市



川田芳子(かわだよしこ、1895年(明治27年)10月17日〔生〕−1970年(昭和45年)3月23日〔没〕)

明治27年新潟市の花街、古町に踊りの師匠の娘として生まれる。大畑小学校を卒業、11歳のとき、一家で上京し、「藤間勘翁」に師事する。その後、川上貞奴の門に入り、「川上芳子」の芸名で「帝国劇場」で初舞台を踏む。しばらく、新派劇の舞台で活躍した後、新橋から芸妓になる。

1918年、大谷竹次郎が松竹蒲田撮影所を設立した際、その美貌をかわれて創立早々の松竹キネマにスターとして迎えられる。早速『島の女』に主演。ストーリーは、たらいを漕いで島から通い、しのびあう男女の恋物語だ。『島の女』はその年11月、歌舞伎座で山田耕作四季の交響楽団の演奏つきで公開された。芳子は日本髪がよく似合う色白の越後美人女優として人気を博する。当時の人気俳優諸口十九との共演作を次々と発表し、この二人の人気は、栗島すみ子・岩田祐吉のコンビと並んで松竹蒲田のドル箱コンビだった。

モダンな華々しさが魅力の粟島すみ子とは対照的に、純日本的なしとやかさを魅力に、日本的でおとなしいものの芯はしっかりした女性像を演じて、人気を保ち続けた。特に、当時のベストセラーの鶴見祐輔の原作を映画化した1929年の野村芳亭監督の『母』では、万人の涙を誘った。
昭和に入ると脚本・監督が若返り、出番が減り、田中絹代にら次第にその座を奪われていった。そして、人気絶頂だった1935年送別映画『母の愛』を最後に映画界を引退した。
戦災にあい、戦後派転々と間借り暮らしを続けていた。1970年3月24日、埼玉県草加市の六畳一間のアパートで、急性心不全でひっそりと死亡していた。発見された時は、死亡後数日がすぎていた。独身で通した生涯であった。
遺骨は故郷に帰り、新潟市西堀通りの浄土真宗・超願寺の墓に眠っている。



〔墓所〕超願寺, 真宗大谷派
       新潟市中央区西堀通2−783.






【川田芳子】 From YouTube ※左上隅をクリックすると再生リストが表示されます













『川田芳子』の検索結果




AMAZON邦画ベストセラー