高橋幸治 十日町市



1935(昭和10)年6月10日〔生〕-

新潟県十日町市出身。新潟県立十日町高等学校、東洋大学経済学部卒業。
1959年、研究生として文学座に入り、1963年『日本の孤島』で初舞台。同年、新藤兼人脚本・監督の『母』で映画デビューする。
1965年、NHK大河ドラマの『太閤記』の織田信長役に抜擢される。
このとき、新国劇の辰巳柳太郎の弟子だった緒形拳、文学座の研究生だった高橋、慶応大学の学生だった石坂浩二の三人が、主人公である豊臣秀吉、織田信長、石田三成役に登用され、高橋は一躍人気を獲得。
2000年、新国立劇場の舞台『怒涛』に出演、2001年の舞台『冬の運動会』を境に活動が少なくなっている。
2010年5月再婚を発表した。お相手は元テレビ番組制作会社勤務Aさん(30)。26歳差結婚と話題となる。







【高橋幸治】 From YouTube ※左上隅をクリックすると再生リストが表示されます





高橋幸治の検索結果
icon






高橋幸治

{{item.itemName}}

{{item.itemPrice}}円