建川美次 たてかわ よしつぐ  新潟市



1880(明治13)年10月3日〔生〕~1945(昭和20)年9月9日〔没〕

建川美次は明治13年新潟市の野崎義孝の三男として生まれた後に建川周平の養子となった。
1901年陸士卒業後、騎兵第9連隊付となり日露戦争に出征。 昭和初期『少年倶楽部』に連載された、山中峯太郎の「敵中横断三百里」のモデルになる。
明治38年(1905)1月、満州軍総司令官大山巌元帥から騎兵第九連隊長をつじて建川美次注意にてきぐんの後方に深く侵入して敵の作戦意図を探るよう命令が下った。建川は下士官以下5名の部下を選び明治38年1月9日から23日間に、幾度も死線を超えて何重もの敵陣を突破し、心臓部鉄嶺を迂回する1200キロの挺進斥候に成功した。
その結果「ロシア軍は奉天で日本軍に対して不退転の決戦を挑む作戦だ」という結論に達し総司令部に報告した。この情報に基づいて日本軍が先制攻撃をかけて奉天大会戦は空前の大勝利を収めた。

陸大卒業後、イギリスに駐在し、のちインド駐剳武官。1931年三月事件の計画には参謀本部第2部長として加担し、 満州事変の挑発にも一役買った。
ジュネーブ軍縮会議に派遣され、第10・第4師団長を歴任後、予備役。
1940年(昭和15年)10月に東郷茂徳の後任として駐ソビエト連邦大使となり、1941年(昭和16年)4月の日ソ中立条約に松岡と共に調印。
1942年(昭和17年)3月に大使の任を解かれ帰国。その後は大政翼賛会総務、大日本翼賛壮年団長を務める
1945年(昭和20年)9月9日に死去


□記念碑
  • 忠魂碑  揮毫として陸軍中将 建川美次とある
    〔所在地〕 苅田福祉会館 大阪府大阪市住吉区苅田6丁目10−12
  • 奉公碑  陸軍中将建川美次書
    〔所在地〕 兵庫県加東市河高
□墓所
  東京都府中市・多磨霊園










「敵中横断三百里」の検索結果


軍事のランキング