山岡荘八 魚沼市



山岡荘八(やまおかそうはち 本名 藤野庄蔵) 1907年(明治39年)1月11日〔生〕 - 1978年(昭和53年)9月30日〔没〕
 1908(明治40)年、魚沼市(旧北魚沼郡小出町)の山内家に生まれる。1920年高等小学校を中退して上京、博文館印刷所で文選工として働きつつ逓信省の研究所に学ぶ。
 山岡荘八は72歳の生涯の中で代表作「徳川家康」をはじめ十数編に及ぶ有名な長編歴史小説を執筆た。なかでも、「春の坂道」「独眼竜政宗」「徳川家康」の三編は、NHK大河ドラマとなった。


■記念碑
①生誕之地碑  
平成22年6月15日 魚沼市名誉市民称号授与決定後、 道の駅ゆのたに・深雪の里に建立 さ れた。 碑に彫られた字は、代表作「徳川家康」にちなみ徳川宗家18代・徳川恒考氏の揮毫 による。

②文学碑        
  • 小出公園   新潟県魚沼市向山
     『菊ひたしわれは百姓の子なりけり』

  • 岡崎公園 愛知県岡崎市康生町561-1番地

③神雷特別攻撃隊別盃之地 桜花の碑 山岡荘八揮毫
〔所在地〕 鹿児島県鹿屋市上野
 
■墓所 春秋苑墓地
      神奈川県川崎市多摩区南生田


■代表作品
《書籍》


《DVD》    

  • ①生誕之地碑
  • ②文学碑『菊ひたしわれは百姓の子なりけり』











山岡荘八の検索結果





楽天歴史小説ランキング




山岡荘八

{{item.itemName}}

{{item.itemPrice}}円