綾子舞 柏崎市



柏崎市の中心から南へ16キロメートル。黒姫山麓、女谷。この地に伝わる綾子舞は、約500年前の永正6年(1509年)に始まった。永正6年(1509)、越後国守護上杉房能が、家臣の守護代長尾為景(上杉謙信の父)に攻められて関東へ逃げる途中、松之山町の天水越で自刃した。その房能の奥方綾子が鴨川村(現柏崎市)に隠れ住み、里人に舞を教えたのが始まりだといわれている。

室町文化の華やかさを表現する歌にあわせた十一種類の踊り。江戸時代の中ごろ、京都の狂言師が夫婦でこの地を訪れ教えたといわれる狂言、狂言と同時代のものされている二十二種類の囃子舞。綾子舞は、これら三つからなっている。

特に踊りは、二、三人の少女がユライと呼ばれる赤い布を頭にかぶり、振袖姿にだらり帯、白足袋の服装でたぐり姿になる。そして扇を手に、同じしぐさを繰り返しゆったりと優雅に舞う。「狂言」は2人から、多いときには14人くらいで、舞台は畳3畳と決まっている。笛と太鼓と銅ばちこ以外に楽器は使用しない。足拍子をとりながらの舞姿が美しい。扇の使い方、手足の運び、眼のくばり、腰の落とし方やひねり方が組み合わされた踊りは、素朴さの中にも優雅さがある。

しかも、この踊り、歌舞伎の祖、出雲 阿国の初期の踊りの形を伝えていることは確かといわれている。綾子舞の一つの「常陸踊」が阿国が踊った「ややこ踊り」で、それと音が通じることから「綾子踊」と呼ばれるようになったともいわれる。

長い伝承の歴史を持つ綾子舞は、昭和51(1976)年5月4日に、国の重要無形民俗文化財に指定された。
また、柏崎市鵜川地区に伝わる伝統芸能「綾子舞」を守り伝えようと、鵜川地区の高原田と下野の両保存会の演者たちが分担して地元の小中学生を指導している。

9月の第二日曜日、綾子舞会館前の広場で、高原田と下野の二地区に受け継がれている舞が、現地公開される。


綾子舞会館
〔所在地〕新潟県柏崎市女谷4529
〔アクセス〕
  • 電車…JR信越本線柏崎駅よりバスで「綾子舞会館前」下車徒歩2分
  • 車…北陸自動車道柏崎ICより40分
綾子舞現地公開
〔日時〕9月第二日曜日
〔場所〕綾子舞会館前広場


黒姫神社
〔所在地〕新潟県柏崎市女谷4577

〔周辺の観光施設〕
  • 静雅園  旧布施家庭園

『祭り一口メモ』
問い合わせ:柏崎市綾子舞保存振興会TEL0257-21-2364

〔交通情報〕
〔綾子舞を紹介しているサイト〕







【綾子舞】 From YouTube ※左上隅をクリックすると再生リストが表示されます








柏崎周辺のホテル・旅館情報

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【日本画・絵画】鈴木秀光『綾子舞 (F10号)』日本画■新品★
価格:43200円(税込、送料別) (2017/8/10時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

吉永典子/生命(いのち) 【CD】
価格:1923円(税込、送料別) (2017/8/10時点)