岩船大祭 新潟県村上市



927年に成立した延喜式の神名帳という書物には、当時の全国の主なる神社3132座が記録されている。現在では所在不明の社も多いが、現存する神社は式内社と呼ばれ、由緒正しい神社として崇敬されている。越後国では56座が採録されており、石船神社は磐舟郡8座の筆頭に記されている由緒ある神社である。七世紀に東北遠征を行った阿部比羅夫(※1)の創建と伝えられている。

石船神社の例祭、岩船大祭は10月19日に「本祭り」を迎える。祭神饒速日命が磐樟舟(堅固な舟)で一族を引き連れ、この地に上陸したという故事をしのぶ祭りであるという。
岩船の祭りがいつの頃から始まったかは明らかではないが、中世平林城に盤踞し、岩船を領していた色部氏の「色部氏年中行事」(1558~1570)には、「九月拾九日、大明神の、お的の次第の事」「すまい(相撲)のこと」として、石船神社の祭礼についての記載が見られる。明治初期に政府の太陽暦採用により、期日を一月遅れの10月19日に改め、現在に至っている。
先頭を行く『お舟屋台』。石船(いわふね)神社から大鳥居まで下され、屋台に移される「お舟」は、漆(うるし)を何度も重ねて朱色に塗った豪華なもの。それに続いて氏子各町自慢の 「おしゃぎり」と呼ばれる、絢爛華麗な祭礼屋台9台が岩船の町を練り歩き、鄙とはいえ古い歴史に彩られた港町の、勇壮な祭りを今に伝えている。先太鼓は屋台巡行の先導役をつとめるのだが、前夜は巡行ルートを3度に亘って回り、道を祓い浄めるのである。

昭和63年、岩船大祭は、山車と「とも山」行事(※2)を中心に、祭祀研究史上貴重なものとして、剣の無形民俗文化財に指定された。



〔開催日時〕10月18日 宵祭、10月19日 本祭
〔会場〕新潟県村上市岩船町

石船神社
〔所在地〕新潟県村上市岩船三日市9−29
〔アクセス〕
〔周辺の観光施設〕

〔交通情報〕

〔岩船大祭を紹介しているサイト〕


※1 阿部比羅夫(あべの ひらふ)生・没年、生国ともに不詳658~662の軍役に活躍(参考
※2 御霊代を神殿に返納する儀式





石船神社   地図 ストリートビュー




【岩船大祭】 From YouTube ※左上隅をクリックすると再生リストが表示されます






:岩船町駅 周辺のホテル・旅館




岩船鮮魚センター 海鮮処 番屋
ジャンル:海鮮料理
住所:〒958-0037 新潟県村上市瀬波温泉3-6-38 岩船港鮮魚センター2F(地図
周辺のお店のプラン予約:
春よし のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 村上×刺身・海鮮料理
情報掲載日:2015年2月1日