上越祭り 新潟県上越市



……………………………………………………………………………………………
☆ 上越祭り「祇園祭」(新潟県上越市)  ☆
……………………………………………………………………………………………
開催日時 7月23日~29日
23日~26日は高田地区、26日~29日直江津地区で開催。
高田地区では大民踊流し、みこし渡御(とぎょ)などが、直江津地区では大花火大会、お饌米(おせんまい)奉納などが行われる。
最終日には3日間町内を巡業した19町内の屋台が八坂神社に集まり、若者が屋台に積んだ米俵を奉納する勇壮な「御饌米奉納」を実施する。


……………………………………………………………………………………………
☆ 上越祭りの起源 ☆
……………………………………………………………………………………………
祇園祭がいつ頃から始まったか、その正確な記録は残っていませんが、およそ平安時代中期といわれています。
直江津は江戸時代のころは、「今町」もしくは「直江津今町」と呼ばれていました。そのため毎年お神輿の出る直江津の八坂神社は、昔は「今町祇園社」と呼ばれていたそうです。この神社は大変古く、一説には延暦年中(782~805年)もしくわ長元元年(1028年)創建とも言われています。国分寺のある土地に、その土地の平安を守るため全国に分祀された神社の一つで京都の八坂神社の流れをくむものだそうです。
おそらくその頃から、直江津の平安と人々の幸せを祈念し、御神体を納めたお神輿を神社から出していただいて、町中で担いだのが祇園祭の始まりと思われます。この頃にはまだ屋台の明確なかたちはなかったようです。
時は移り江戸時代、慶長19年(1614年)に徳川家康の第六子、松平忠輝が直江津の福島城を廃し高田に築城しました。その時新しい町を盛んにするため、直江津と福島城下の神社やお寺の大部分を高田に移させました。
しかし、今町祇園社は忠輝に願い出て、朱印地百石の代わりに今町にとどまり、祇園祭の時には高田まで出てきて、お祭りをすることを許されたそうです。それ以来祇園祭の時には、直江津の八坂神社からお神輿が上がっていくようになったそうです。
屋台が出始めたのは江戸時代との事ですが、大正の初期まではお神輿のように担ぐかたちだったそうです。その後現在の荒川町が、最初にひっぱる屋台をつくり広まっていったようです。勇壮なお餞米奉納が現在の形になったのもこの頃と思われます。
(naoetu gionsai homepage:http://www7.plala.or.jp/NAOETU-GIONSAI/index.html)


八坂神社ストリートビュー
〔所在地〕新潟県上越市西本町4丁目2−25
〔アクセス〕
  • 電車…JR信越本線直江津駅から350m 徒歩4分
直江津屋台会館
〔所在地〕上越市西本町4丁目18番12号 ⇒ストリートビュー
〔特徴〕直江津祇園祭を彩る19町内の屋台を保管


〔見どころ〕
  • 上越まつり大花火大会(直江津地区)  2017年7月26日(水)  
    〔所在地〕上越市関川河口河川敷/船見公園 ⇒ストリートビュー

〔交通情報〕

〔上越まつりを紹介しているサイト〕


  • ①八坂神社
  • ②直江津屋台会館
  • ③船見公園



びゅう インターネット限定ツアー ここでしか買えません!店舗にはありません!





【上越まつり】 From YouTube ※左上隅をクリックすると再生リストが表示されます





直江津駅周辺のホテル・旅館情報

上越市のグルメマップ

お食事処 多七
お食事処 多七
ジャンル:鮮魚・地産地消の食事処
アクセス:JR信越線直江津駅 北口 徒歩1分
住所:〒942-0001 新潟県上越市中央1-2-3(地図
周辺のお店のプラン予約:
日本海地魚グルメ 魚がし のプラン一覧
浜焼太郎 上越高田店のプラン一覧
焼肉レストラン 慶州 のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 上越・妙高×シーフード料理
情報掲載日:2015年4月26日



ホテルアルファーワン上越

【楽天トラベルご予約ランキング 第2位獲得!】(11月度/当地区) これからも、どうぞホテルα-1をご愛顧下さいませ。

ホテル 門前の湯

上越インターより車で5分!天然温泉付、明るく楽しい居酒屋もあり♪ゆったりくつろげる、癒しのホテル門前の湯◆駐車場無料♪

旅館 附船屋

直江津駅徒歩2分!女将自慢の“美味しいごはん”と季節の手料理。