弥彦・燈籠まつり 新潟県西蒲原郡弥彦村



日本三大灯篭神事のひとつでもある弥彦の”灯篭祭り”は、国の重要無形民俗文化財に指定されている。鎌倉時代末か、室町時代にはすでに原形があったと思われる越後一の夜祭だ。
名高い灯篭行列は神輿渡御と大灯篭行列が同時に行われ、その行列は1キロメートルにもなるという。大灯篭は”花灯篭”と呼ばれ、20人から30人で担ぐ巨大なもの。その名の通り台座の上にボンボリなどと一緒に桜、ボタン、菊やモミジなどの花木が飾られる。この花灯篭、講中(こうじゅう)や旧社家(しゃけ)などが製作し、県内外各地から集まる花灯篭の数は、二十数余にものぼるという。祭りの3日前には、拝殿前の回廊にそろえられ、境内には氏子から奉納された千数百余の”田楽灯篭”が飾られる。夜になると燈篭に灯がはいり、弥彦は祭りムード一色になる。
祭り当日の夕方、白装束の地元の小学生40人ほどが、神輿渡御の道を欅の大木を引いて清める”お欅引き”を行い、祭りに備える。有志による弥彦山山頂からの松明行進が弥彦神社の一の鳥居に到着すると、行列はいよいよスタート。

二台の神輿を中に、前後を花燈篭、田楽燈篭そして無数の小燈篭で固める。行列には肩車された稚児たちも参加している。
1キロメートルもの行列である。巡行は2時間以上にも渡り、延々と続く光の行列はさながら火の大河のようだ。
祭りは、境内の仮舞台で行われる神社秘伝の”神歌楽(かがらく)”と”天犬舞(あまいぬまい)”の稚児舞で終了する。火が入った花燈篭が舞台を囲み、この舞に花を添える。優雅なこの舞もまた、国の重要無形民族文化財に指定されている。(日本の祭りより)


〔開催日時〕7月24日~7月26日
〔会場〕新潟県西蒲原郡弥彦村 弥彦神社 ⇒ストリートビュー
〔アクセス〕 
  • 電車…JR弥彦線「弥彦駅」より徒歩で15分
〔見どころ〕
  • 奉祝花火大会(弥彦公園) 7月25日

〔交通情報〕
〔弥彦燈籠まつりを紹介しているサイト〕






【弥彦燈籠祭り】 From YouTube ※左上隅をクリックすると再生リストが表示されます







弥彦駅周辺のホテル・旅館情報




分水堂菓子舗
分水堂菓子舗
ジャンル:小売店
アクセス:JR弥彦線弥彦駅 徒歩5分
住所:〒959-0323 新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦1041-1(地図
周辺のお店のプラン予約:
春よし のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 新発田・下越×ファーストフード
情報掲載日:2015年2月2日