赤塚不二夫 



1935年(昭和10年)9月14日〔生〕 - 2008年(平成20年)8月2日〔没〕

1935年9月14日、赤塚不二夫(本名:赤塚 藤雄)は、旧満州熱河省承徳市において出生。父親は、憲兵であった。(バカボンのパパのモデルとも言われる。)
1945年(昭和20年)、10歳の時に終戦を迎える
1946年(昭和21年)6月15日 佐世保に引き上げ。母の実家がある奈良県大和郡山市矢田口に移る。父親は、シベリア抑留。6人兄弟が病気等で3人に減ってしまう。
1949年(昭和24年)秋、母親のわずかな稼ぎでは残った3人の子供を養っていくことが困難であったため、兄弟は父の郷里である新潟の親類縁者にそれぞれ預けられることになり、中学1年生になっていた赤塚は新潟県に住む父親の姉一家である大連帰りの母子家庭に預けられて母親からのわずかな仕送りで暮らした(新潟県西蒲原郡四ツ合村井随(潟東村を経て現在は新潟市西蒲区潟東地区井随))。
1950年(昭和25年)父親が抑留から帰国し、四ツ合村井随での生活が始まる。
1952年(昭和27年)に赤塚は中学校(四ツ合中学校(現・新潟市立潟東中学校)を卒業と同時に新潟市の広告看板店の小熊塗装店に住み込み就職。
二年間勤め、後、19歳の時に東京へ。

墓所
〔所在地〕東京都八王子市大谷町1019−1 富士見台霊園


赤塚不二夫会館
〔所在地〕東京都青梅市住江町66 ⇒ストリートビュー
〔アクセス〕
  • 電車…青梅線青梅駅から350m 徒歩7分

『おそ松さん』赤塚不二夫先生81回目のお誕生日企画! お祝いメッセージ ...
ファミ通.com-2016/09/13
2016年9月14日は、『おそ松くん(おそ松さん)』や『天才バカボン』など、人気作品を生み出した赤塚不二夫先生の81回目のお誕生日。 いつもは役立たずの6つ子たちが、赤塚先生にお祝いと感謝の気持ちを伝えようと、めずらしく一念発起!





【赤塚不二夫】 From YouTube ※左上隅をクリックすると再生リストが表示されます





赤塚不二夫の検索結果




eBookJapan

アマゾンコミックランキング




青梅赤塚不二夫会館

周辺の宿
 青梅石神温泉 清流の宿 おくたま路
美肌温泉の【東京・青梅石神温泉】東京では珍しいアルカリ硫黄泉でお肌もスベスベ。 新料理長を迎え旬の素材で繊細な技が作り出す「山海の味覚膳」に舌鼓 多摩川の清流の音に心も体もリフレッシュ!