南蛮えび 佐渡市



  南蛮えびの正式名称はホッコクアカエビ。色や形が赤唐辛子(南蛮)に似ていることから、新潟では古くから南蛮えびと呼ばれてきた。全国的には‘甘えび‘が通称となっています。
 県内各地で水揚げされますが、佐渡市、新潟市、糸魚川市が主な産地としてあげられます。  これらの産地では漁法が異なり、佐渡市はエビ籠漁業で、新潟市、糸魚川市では底曳網漁業で漁獲されます。
  新潟県産の南蛮エビは7、8月の休漁期を除く周年、県内量販店で手に入れることができます。 休漁明けの9月上旬から2月が旬とされています。
 信濃川や阿賀野川が注ぐ新潟周辺の海に広がる細かい泥状の漁場で育つため、川からの豊富な有機物の恵みを受け、砂場で育った他のホッコクアカエビよりも甘く、濃厚な風味を持つと考えられている。
体長5,6センチから10センチ程度。厳しい寒さの日本海で育ったナンバンエビは透き通るようなピンク色をしており、繊細な色合いと、あまくとろけるような舌触りがこのエビの特徴である。
5月は脱皮のシーズンのため、殻が軟らかく、きれいな色は出にくいが、凝縮されたうまみがある。料理方法は、丸ごと空揚げにしてもおいしいが、カラをはぐだけで、刺し身として食するのが最上である。





月期間 期間 南蛮えびの旬 期間





■南蛮えびの店

日本酒スローフード にいがた 方舟 はこぶね (新潟駅前)

マイアリーノ maialino 新潟 坂井 (小新・亀貝・黒埼インター周辺)

山田家 古町 (新潟古町)

和食処 旬彩亭(寺尾駅)
新潟地場もん 越たんたん 新潟駅前店 (新潟駅前)
串処 おけさ(糸魚川駅)
kaka 新潟市 (米山)

居酒屋 五代目 鮟次郎 ~あんじろう~(新潟駅)
美食酒場 ひゃんで! (新潟駅南口・けやき通り)
岩室温泉ほてる大橋 馳走屋 なじらね






トップバリュ 豊かな味わい 桜えび 12g
とれたての桜えびを新鮮なうちに温風乾燥しました。かき揚げやパスタ、スープなどに。 12g トップバリュ商品の詳細情報は こちら ※トップバリュの商品サイトが別ウインドウで開きます。


えび豚しゅうまい20個
粗挽き海老に鶏スープまで練り込んだ、贅沢な一品。ここでしか味わえないしゅうまいです












【南蛮えび】をオンラインショッピングで探す




新潟県の南蛮海老に関連するお店 




楽天エビランキング