佐渡牛 佐渡市



佐渡の養牛の歴史は県内でももっとも古く、江戸時代にいた在来の佐渡牛は小型で、鉱山での運搬や農耕用として使われていた。現在でも一部地域で当時の飼養法である林間放牧が引き継がれており、大佐渡の山に放たれた牛たちを、初夏から秋にかけて「ドンデン高原」で目にすることができます。

佐渡は最高級牛肉のもとになる黒毛和牛子牛の有数の産地であり、毎年4月、7月、11月の各月2日に高千(たかち)で牛市が開かれています。売られていった子牛は村上牛をはじめとするにいがた和牛や、飛騨牛などの高級ブランド牛肉として高い評価を得ています。一方、佐渡牛、羽茂牛など純粋佐渡ブランドの牛肉は、高齢化による頭数の減少で「幻の牛肉」となりつつあります。
その味たるや、松阪牛、近江牛と立派に肩をならべる。肉にはサシと呼ばれる脂肪が霜降り状に広がり、食べるとジューシーでやわらかい。

JA佐渡によると、島内では現在53戸が約380頭を飼育している。農家は70、80代が中心で、昭和50年代に1000戸が4000頭超を飼育していたのをピークに減少してきている。
JA佐渡では佐渡市新穂潟上に肉牛の繁殖支援施設「キャトル・ブリーディング・ステーション」(CBS)を2016年から整備を進めている。


ドンデン高原放牧
〔所在地〕新潟県佐渡市椿
〔アクセス〕
  • 両津から車で40分
経塚山放牧場
〔所在地〕佐渡市真野町
〔アクセス〕
  • 両津から車で40分
関牧場
〔所在地〕佐渡市関  

池野牧場
〔所在地〕 新潟県佐渡市高千3 

堂林放牧場
〔所在地〕佐渡市平清水 

青木山牧場
〔所在地〕佐渡市新穂青木 

〔佐渡牛を紹介しているサイト〕








佐渡牛の店

寿司ダイニング やまざき (新潟駅前)

天壇 新潟 (万代)
旬亭 はつ風
旬亭 はつ風(古町)
一休
一休(佐渡)


【佐渡牛 牧場】 From YouTube ※左上隅をクリックすると再生リストが表示されます





佐渡牛の検索結果

icon icon
ドンデン山荘 <佐渡島> 宿泊予約【楽天トラベル】 icon
佐渡にある標高900mの高原に位置する宿。日本海はもちろん朝日や漁火、遥か本土の山並を一望出来る。


佐渡市内のレジャー・体験情報





佐渡牛

{{item.itemName}}

{{item.itemPrice}}円