小川未明 上越市



小川 未明 (おがわ みめい) 1882年(明治15年)4月7日〔生〕 - 1961年(昭和36年)5月11日)〔没〕

新潟県中頚城郡高城村(現、上越市)において 、旧高田藩士小川澄晴の次男として生まれる。子供の頃、祖母からいろいろな童話や伝説を聞かされて育ちます。父澄晴は上杉謙信を深く敬愛し、春日山城跡に春日山神社を創建するに尽力した。その父に連れられ山歩きをして、越後の自然に親しんだ。
明治28(1895)年高田中学に入学し、相馬御風と親交を深め、詩歌・和歌・俳句などをつくった。
明治34(1901)年、未明は早稲田大学に入り、坪内逍遥、島村抱月などの指導を受けて、新ロマン派自然主義の作家として早稲田大学在学中に作家デビューする。小説『霰に霙』を発表し、作家としての地位を確立する。
明治43(1910)年、26歳の時に、童話を執筆し、最初の童話集「赤い船」を出版
大正10(1921)年には代表作『赤い蝋燭と人魚』を出版している。この「赤い船」は日本で最初の創作童話集として知られている。その生涯を通じて1500余編の小説・童話を創作したと言われている。
純文学作家としての未明はアナーキズム思想に接近するにつけ低迷(していったらしい)、その間も童話は書きつづけ童話作家としての地位を不動のものにしていった。
大正15(1926)年には「童話宣言」、以後純然たる童話作家として児童文学に専念することを表明した。
昭和21(1946)年には児童文学者協会設立、初代会長に就任また野間文学賞を受賞。
昭和26(1951)年に芸術院賞を受賞、翌52年には芸術院 文化功労者となる。
昭和36(1961)年5月11日、脳出血で死去。享年79歳。


平成4(1992)年、小川未明文学賞文学賞が創設される


代表作

赤い船 (1910年 昭和43年)
月夜とめがね (1922年 大正11年)
野ばら (1923年 大正12年)
青空の下の原っぱ (1932年 昭和7年)
赤いろうそくと人魚 (1938年 昭和13年)
雪くる前の高原の話 (1941年 昭和16年)  など

 小川未明は「日本のアンデルセン」とか「日本童話文学の父」と呼ばれ広く親しまれています。明治43年処女童話集「赤い船」を出して以後45年間、1000編に及ぶ創作童話を書き続けました。


〔記念碑〕
  • 小川未明生誕の地碑
       上越市幸町地内
  • 『野ばら』の碑
       上越市立大手町小学校体育館裏
  • 「赤い蝋燭と人魚」の石塔
       上越市高田公園内
  • 「雲の如く」の碑
       上越市春日山神社内
  • 中郷小学校の小川未明の碑

〔墓所〕
    東京都立 小平霊園  東京都東村山市萩山町1-16-1


小川未明文学館
〔所在地〕新潟県上越市本城町8番30号(高田図書館内)

小川未明文学賞
  • 児童文学者・小川未明の没後30周年を記念して学習研究社と、新潟県上越市教育委員会が合同で開始した児童文学作家新人発掘のコンクール。1992年に創設された。















第17回 小川未明文学賞(2008年) ながすみつき 空と大地と虹色イルカ (学研の新・創作)


第18回 小川未明文学賞(2009年) 市川洋介アンモナイトの森で―少女チヨとヒグマの物語 (ティーンズ文学館)


第19回 小川未明文学賞(2010年) 滝井幸代 レンタルロボット (ジュニア文学館)


第20回 小川未明文学賞(2011年) もりいずみ(森島いずみ)パンプキン・ロード (ティーンズ文学館)


第21回 小川未明文学賞(2012年) 浅野竜木かげの秘密 (ティーンズ文学館)


第22回 小川未明文学賞(2013年) 宇佐美敬子 影なし山のりん (ティーンズ文学館)


第23回 小川未明文学賞(2014年) 宮崎貞夫 ななこ姉ちゃん (ティーンズ文学館)


第24回小川未明文学賞(2015年) こうだゆうこ四年ザシキワラシ組 (ジュニア文学館)

小川未明の検索結果




株式会社ワオ・コーポレーションが、子どもたちの教養のために発刊している、電子書籍シリーズ“WAO文庫”。全10巻のうちの第7巻、『ファンタジーI〜小川未明の不思議物語〜』が発売。