室孝次郎 上越市



室孝次郎(むろ こうじろう)旧暦天保10年9月14日(新暦1839年10月20日) 〔生〕- 明治36年(1903年)6月21日)〔没〕

天保10年(1839)高田本誓寺(東本町4)の商人市郎右衛門の長男として生まれた。
幼児、倉石洞窩の門に入り、倉地正久に県道を学びさらに江戸に遊学する。
慶応2年(1866)京都に登り、勤皇の志士と交わる。
翌3年再度京に登り、正木小七郎と変名して勤皇運動に入る。当時、村松藩では佐々耕庵等が勤皇運動を行っていた。孝次郎、弟の貞蔵の両名は、耕庵と計らって米沢・村松藩と結んで会津を責めようと企てた。
明治元年(1868)戊辰の役に官軍が高田に入るとこれに加わり、御用掛りを努め、戦いにも加わり松ノ木砲台を攻め負傷した。官軍の西園寺公望に認められ、公望のヨーロッパ視察には、随行する約束までしたという。
明治の世になって民政に尽くす。地租改正事業、修道館助教授、高田病院(県立中央病院の前身)の創立また、弥彦神社宮司にもなった。
同11年、第八大区区長となり、高田中学校長(高田高等学校の前身)を兼ねた。ついで西頚城郡長を務め、信越鉄道の敷設を画した。
同14年、鈴木昌司、八木原繁祉、大井重作等と頚城自由党を結成、大隈重信が改進党を組織すると同志と是に加わり上越立憲改進党をつくる。
同22年第一期の衆院議員に当選する。
大隈重信が内閣に入ると同30年、愛媛県知事に任ぜられる。その後、また国会議員として活躍す。
同36年(1903)65歳で没す。善導寺に葬られる。
顕彰碑が高田公園にある(当初、明治38年、高田、善導寺境内に建立)。篆額は大隈重信の書で撰文は竜渓(矢野文雄)。

(上越ふるさと辞典より)

□石碑
    ①室孝次郎記念碑
        新潟県 上越市 本城町 2-1(高田公園) ⇒ストリートビュー

□墓所
    善導寺
        住所 新潟県上越市寺町2丁目5−5
        TEL 025-523-5097













高田駅周辺のホテル・旅館情報








かなざわ総本舗)出陣餅 10個化粧箱入り

かなざわ総本舗)出陣餅 10個化粧箱入り
価格:1,625円(税込、送料別)