宝徳山稲荷大社夜祭神事 長岡市



天照白菊宝徳大神をまつるこの神社は、文政年間(1820頃)中之岳銀が峰から、この地奥之院長者原に遷営されたもので、五色の宝を恵み、白菊の花びらの様な宝を万民に与えるといわれる。信者は全国に及び参拝者は年間30万人余を数える。   

《宝徳山稲荷大社 神幸祭 (夜祭大祭)》 各掌を司る全国1500万の神々が年に一度、11月2日の深夜に宝徳山稲荷大社の奥宮に御降臨する神幸祭である。 赤い心願のローソクに願いを書き記し、一心に願うならば、神は願いを必ず一つは叶えてくださると古くより伝承される。 別名、ローソク祭とも呼ばれ、信者の奉納による数十万本のローソクが立てられ、夕暮れとともに火がつけられ、夜空を一面に焦がす様は壮観です。


〔開催日時〕 11月2日
〔会場〕
  • 長岡市飯塚870番地 宝徳山稲荷大社
〔アクセス〕
  • 電車…JR信越本線「越後岩塚駅」より徒歩で10分
  • 車…関越自動車道「長岡IC」より車で20分

〔交通情報〕
〔宝徳山稲荷大社夜祭神事を紹介しているサイト〕


地図 ストリートビュー

■長岡市飯塚の飲食店

結城喫茶食堂

居酒屋きさく
しょじょじ
しょじょじ

【宝徳山稲荷大社夜祭神事】 From YouTube ※左上隅をクリックすると再生リストが表示されます





長岡駅周辺のホテル・旅館マップ
icon