大須戸能 村上市



 嘉永5年(1852)2月の記録に「古来の能装束が切損し役に立たなくなったので奉納を願う」とあることから推して、大須戸能の起源はこれよりなお久しく遡るものと推定される。 
伝によれば弘化元年(1844)の冬、庄内の黒川能役者蛸井甚助が当地に逗留した際、庄屋、神主など村人19人の能社中が、数年にわたり熱心な指導をうけ、嘉永4年3月鎮守八坂神社の社殿ではじめて演能したが、当時既に式三番の外能15番を習得していたという。 
神社の境内には、蛸井甚助が帰郷する際、記念に残したといわれる「黒川や上に流れて花の郷」なる句碑がある。 
その後明治、大正、昭和にかけて更に庄内黒川より師を招き、新たに10番を習得した。 
能が神事として演じられたのは、昭和7年八坂神社が村社に昇格してからで、以前は1月10日の山神祭の日と、4月3日の節句に演じられていた。 八坂神社の境内には、古くから能舞台が設けてあったが、大正2年3月大正天皇即位を記念して建設した能舞台も老朽化し、昭和63年新舞台が建築された。(朝日村ホームページ)

〔所在地〕新潟県村上市大須戸 八坂神社・大須戸能舞台
〔アクセス〕

〔開催日時〕4月3日と8月15日
〔特徴〕 ・毎年4月3日:大須戸八坂神社にて演能 ・毎年8月15日:みどりの里物産会館で薪能
〔周辺の観光施設〕

〔交通情報〕

〔大須戸能を紹介しているサイト〕


  • 八坂神社






【大須戸能】 From YouTube ※左上隅をクリックすると再生リストが表示されます





村上周辺のホテル・旅館マップ


匠居酒屋 一心
新潟県村上市田端町15−6 【電車】羽越本線村上駅を出て、瀬波タクシー前を左折して約4分。【車】東北自動車道村上瀬波温泉ICから車で約5分。★営業時間; 【平日】昼11:30〜15:00/夜17:00〜22:00【土・日・祝前日】11:30〜23:00※ランチ営業、日曜営業★定休日:年中無休

村上市塩野町周辺の飲食店
三面川ドライブイン




瀬波温泉 くつろぎの宿 旅館 静雲荘
さざなみがオルゴールのように流れる、海辺に瀬波温泉 くつろぎの宿 旅館 静雲荘はあります。恵まれた環境の中、心地良い、やわらかな静けさの中でお過ごしいただける、