新潟県文化財 市島邸 Niigata cultural assets Ichijima residence 新発田市




@じゃらん
市島家は丹波国(現兵庫県)永上郡市島村に発祥すると伝え、慶長3年(1598)始祖・治兵衛が新発田藩主溝口秀勝に加賀大聖寺より随従して越後に来在。最初、五十公野に居を定めた。
3代のとき水原に移り、福島潟干拓など阿賀野川流域の新田開発に努め、江戸初期以来の県下筆頭の大地主となった。

戊辰戦争では天朝山にあった旧邸が戦火で焼失したが、会津藩が水原代官所から撤退するとき火をかけたとも、新政府軍によって焼き払われたともいわれている。焼失した跡地を維新政府に献じ、ここに越後府がおかれた。市島家は現在の新発田市天王新田の地に居を移したが、現在の住宅13棟の主要部は明治5年(1872)に新築されたものである。
明治40年(1907)には蒲原地帯59ヶ村内に耕地1466町歩(山林・宅地合わせて約2000町歩)という、わが国屈指の巨大地主となった。

約2万6000平方メートルの広大な敷地は、福島潟をバックに蒲原平野と対峙している。邸宅は2000平方メートルに及び、13棟のうち数寄屋造りの水月庵、仏間を中心にした簡素だが優雅さを感じさせる南山亭は、大名主の邸宅よりもずっと質素である。簡素ながら優雅な作風で明治初期のすぐれた住宅建築である。(案内図)

継志園と呼ぶ広い回遊式庭園の周辺には、明治30年代に増築した湖月閣という大広間、庭園の西側に水原から移築した松村宗悦設計の茶室や説教所など豪農の生活を語ることに欠かない建物が散在する。池の水位で福島潟の水位がわかったというからその規模の大きさが伺い知れる。
園の西側外苑は植物園として整備され、昭和42年(1967)、「蒲原植物園」と名を改めた。また茶園、椿園など特色ある運営が見られる。園内には吉井勇、土居晩翠、会津八一の歌碑や市島春城、諸橋轍次の碑がある。

表門、玄関、南山亭、松籟庵、水月庵、説教所など13棟が昭和37年(1962)県の文化財に指定された。特に当初建築された水月、南山、湖月の上、中、下段の三間の付属を合わせた108畳の大広間は豪華で荘厳さを感じさせ、最盛期の模様が想像できる。
また、市島家所蔵の1万6528点の古文書は、当時の社会経済、福島潟干拓史の独自の資料として高く評価されている。農業を中心として、商業、醸造、水運、干拓、金融業ときわめて多岐にわたり、同家が越後の社会経済に果たした役割が非常に大きかったことがわかる。

平成7年(1995)4月1日に発生した新潟県北部地震で市島邸も大きな被害を受けた。湖月閣も倒壊する被害を受けたが、再建されることなく現在に至っている。

  • 2012年、川村清雄の「ヴェニス風景」が庭内で発見される




≪現地案内看板≫
新潟県文化財 市島邸

市島家は江戸初期以後三〇〇年の間、この地に巨大地主、豪農として栄えました。
現在の邸宅は明治九年(一八七六)に建造されたもので、代表的日本建築として知られております。
特に数奇屋造りの水月庵、仏間を中心とした居室部分は広大な回遊式庭園とともに近世豪農のたたずまいを今に伝えております。
本邸は昔日の記憶、栄華の回廊であります。

新発田市








市島邸   地図 ストリートビュー


【市島邸】 From YouTube ※左上隅をクリックすると再生リストが表示されます