小林虎三郎 長岡市



1828年9月26日(文政11年8月18日)〔生〕 - 1877年(明治10年)8月24日)〔没〕

1828年(文政11年)8月18日、長岡藩士小林又兵衛の三男として誕生。 幼少の頃、天然痘にかかった虎三郎は、左眼の光を失い、顔面に痘痕が残った。長岡藩校崇徳館で学び、17歳にして藩校の助教を務めるほどの学識深い俊英だった。

23歳の時に藩命で江戸に遊学をし、当時兵学や砲学、洋学で有名な佐久間象山の門下に入り、長州藩士の吉田寅次郎(吉田松陰)と「象門の二虎」と称せられるほどに学問に秀でていた。 また、象山に「天下、国の政治を行う者は、吉田であるが、わが子を託して教育してもらう者は小林のみである。」と言わせるほど、虎三郎は教育者だった。

虎三郎は象山とともにペリー来航をつぶさに見聞し、師の意見である横浜開港論を藩主牧野忠雅に説いた。このことが筆頭老忠阿部正弘の忌諱に触れ、国許に謹慎させられた。

安政六年(1859)、のちの教育第一主義の原点となる教育論『講学私議』を著わす。戊辰戦争では非戦を説いたが入れられなかった。
1868年(明治元年)再興長岡藩の文武総督、大参事となる。翌年1869(明治2)年、小林虎三郎、三島億二郎らは、士族の師弟を四郎丸の昌福寺に集めて国漢学校を開設する。
1870(明治3)年、牧野家の分家、三根山藩主から長岡藩主へ見舞いとして米百俵がおくられてきた。
 長岡藩では、この使い方について相談したが、小林虎三郎の「食われねばこそ教育する」という主張を入れ、学校設立の基金に当てることにした。この基金により国漢学校は新しい場所(現大和デパート)に校舎を建て、より充実した教育を行うことができた。学習内容は、国学・漢学・地理・科学などであった。この学校は、1891(明治4)年の廃藩置県で柏崎県の管理となり、それと同時に長岡小学校と名を改めた。
「百俵ばかりの米を家中の者たちに分けてみたところで、一軒のもらいぶんは、わずかに二升そこそこだ。一日か二日で食いつぶしてしまう。あとに何が残るのだ。おれは、この百俵の米をもとにして、学校を立て、道場を設けて、子どもを仕立てあげてゆきたいのだ。この百俵は、今でこそただの百俵だが、後年には一万俵になるか、百万俵になるか、はかり知れないものがある。その日暮らしでは、長岡は立ち上がれない。あたらしい日本はうまれないぞ」
『米百俵』新潮文庫より
虎三郎は1871年(明治4年)、「病翁」と自ら名を改めているが、リウマチ、腎臓病、肝臓病などさまざまな病を患っていた。
1877年(明治10年)、湯治先の伊香保で熱病に罹り、8月24日に東京府東京市内にあった弟の雄七郎宅で死去。享年50。
葬地は東京の谷中墓地であったが、1959年(昭和34年)に長岡市内の興国寺に改葬された。

平成13年(2001年)の所信演説で小泉純一郎首相(当時)が「米百俵」を引用したことで小林虎三郎の故事が全国的に知れ渡った。
また平成30年度から初めて使用される小学校のの「道徳」の教科書検定では、愛国心の高揚が求められ、教材の一つとして「米百俵」が取り上げられていた。



記念碑
   ①米百俵の碑 
      長岡市大手通2丁目 国漢学校跡地
   ②米百俵の群像
      長岡市寺島町 千秋が原ふるさとの森
   ③小林虎三郎の碑
      長岡市悠久町 悠久山公園

墓所
   興国寺
      長岡市千手2丁目3-43


  • ①米百俵の碑
  • ②米百俵の群像
  • ③小林虎三郎の碑
  • ④墓所









米百俵 小林虎三郎の天命

島宏 (監督),‎ 眞行寺君枝 (出演),‎ 三原じゅん子 (出演)
中村嘉津雄 真行寺君枝 尾藤イサオ 三原じゅん子 長谷川明夫 文部省特選 ストーリー:越後長岡藩が、戊辰戦争で維新政府軍に破れ、その日の糧にも事欠く悲惨な状況にあった­時、分家の三根山藩から米百俵が見舞いとして贈られてきました。






小林虎三郎の検索結果




長岡駅周辺のホテル・旅館情報






日本史ランキング