金峯神社 きんぶじんじゃ の流鏑馬 長岡市

楽天トラベル株式会社

《金峯神社の流鏑馬》
毎年7月15日に、流鏑馬神事が執行される。
流鏑馬は源義家公が奥州阿部貞任・宗任の討伐の折に、北陸街道を下降し、当社へ参拝し朝敵降伏を祈願して流鏑馬を奉納した事が始まりと伝えられています。以来国主・領主・氏子崇敬者の外護を受けて連綿として今日まで伝わっている。
午後2時から国家安泰、五穀豊穣の祈祷祭がとりおこなわれ、午後5時頃から2名の騎手が流鏑馬を行う。
昭和46年長岡市無形民俗文化財に指定。県内では当神社と佐渡に残っているのみで極めて貴重な神事となっております。


〔所在地〕長岡市蔵王1-8-7 金峯神社
〔アクセス〕

〔開催日時〕 毎年7月15日

〔交通情報〕
〔金峯神社の流鏑馬を紹介しているサイト〕


《金峯神社》
蔵王堂城跡の二の丸跡にある。旧県社で、近隣の方々には「蔵王さま」の呼び名で親しまれている。古来より鉱山守護の神として崇められ、製鉄、鍛冶の他、金運・縁結びのご神徳があると崇敬されている。
社伝によると、奈良時代の和銅二年(709年)四月元明天皇の勅願により、北国鎮護のため大和国吉野(奈良県吉野)の蔵王権現を古志郡楡原(新潟県長岡市楡原)の地に勧請したのがその創建と伝えております。その後三島郡矢田(寺泊)へ移され鎌倉中期の仁治3年(1242)、長岡の地に遷座、再興されたという。
元和4年(1618)、長岡藩主になった牧野忠成は、社領40石を寄せ、寛永元年(1624)に社殿を再建。
徳川第3代将軍家光の尊信も厚く、慶安元年(1648)朱印300石を安堵した。当時蔵王権現と称したが。明治維新に入り神仏分離の指令を受け、神祇と決し金峯神社(きんぷじんじゃ)・御祭神金山彦命と定め、新潟県最初の県社に列する。別当の安禅寺を分離した。
神域は約13000㎡、樹齢約100年のケヤキの古木に囲まれて、仏堂風の社殿がたつ。社宝に徳川家光が寄せた玉簾がある。



金峯神社   地図 ストリートビュー







【金峯神社の流鏑馬】 From YouTube ※左上隅をクリックすると再生リストが表示されます





長岡駅周辺のホテル・旅館マップ



ホテルニューオータニ長岡
長岡市は江戸時代より城下町として栄えました。市街に流れる信濃川では三尺玉花火が打ち上げられます。ホテルニューオータニ長岡はその中心部にある長岡駅に隣接して徒歩1分に位置します。




孫四郎そば 蔵王店
ジャンル:そば
アクセス:JR信越本線(長岡-新潟)北長岡駅 徒歩12分
住所:〒940-0028 新潟県長岡市蔵王1-10-38(地図
周辺のお店のプラン予約:
まんまらろ のプラン一覧
和MAKEダイニング 月乃兎 のプラン一覧
カラオケ&パーティー時遊館 長岡アークガレリア店のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 長岡×そば
情報掲載日:2015年12月29日

長岡市内のレンタカー