白根大凧合戦 新潟市



 凧合戦の由来は、江戸時代の中頃、白根町の人が中ノ口川の堤防の改修工事の完成を祝って凧を揚げたところ、対岸の西白根に落ち、家や農作物を荒らしました。これを怒った西白根の人が対抗して凧を揚げて、白根側にたたきつけたことから凧合戦が始まったと伝えられています。明治44年に『白根凧合戦協会』が発足。
 大凧は、縦7m、横5m(和紙324枚張り)重さは約50kgで、揚げ手は30人~40人程で揚げ、凧を操ります。凧は、組の伝統の絵柄を使っており、中には江戸時代から継承されている絵柄もあり、また凧が相手側に向かって揚がる様に工夫して作ってあります。
大凧は、東軍(白根市側)6組と、西軍(味方村側)7組に分かれて合戦します。大凧や巻凧といわれる六角凧あわせて1500枚の凧を揚げ、空中で絡ませて川に落としあいます。相手の凧綱が切れるまで観衆も加わり引き合います。
過去には縦19m、横14mの大凧揚げに成功し世界最大の凧としてギネスブック(1981年)に登録されたほか、日本のみにとどまらず、世界各国で白根の大凧を披露し、世界凧博物館(米・ワシントン州)に殿堂入りを果たした。また新潟県の無形民俗文化財にも登録されている。



〔所在地〕新潟市南区白根・西白根(中ノ口川堤防凧合戦会場) 
〔アクセス〕
  • 電車…JR上越新幹線「燕三条駅」より車で30分
  • 車…北陸自動車道「巻潟東IC」より車で15分
〔開催日時〕2017年6月1日(木曜日)~2017年6月5日(月曜日)


〔周辺の観光施設〕
  • しろね大凧と歴史の館
    〔所在地〕新潟市南区上下諏訪木1770-1/白根総合公園内
    〔特徴〕大凧合戦の歴史展示コーナーや、凧合戦の雰囲気を味わえる3D立体映像室、凧作り体験できる凧工房、凧揚げ実験室を備えています

〔交通情報〕
〔白根大凧合戦を紹介しているサイト〕



  • 中ノ口川堤防凧合戦会場
  • しろね大凧と歴史の館


楽天トラベル株式会社






【白根大凧合戦】 From YouTube ※左上隅をクリックすると再生リストが表示されます







南区周辺のホテル・旅館マップ


ホテルルートイン新潟西インター
北陸自動車道『新潟西インター』より車で約8分の好立地!JRご利用の場合も、越後線『小針駅』より車で約10分、信越本線『新潟駅』より車で約25分です。


おさかな亭 白根店
おさかな亭 白根店
ジャンル:新潟 寿司・海鮮料理
アクセス:JR信越本線矢代田駅 車20分
住所:〒950-1475 新潟県新潟市南区戸頭1302-1(地図
周辺のお店のプラン予約:
ホルモン酒場 天晴れ精肉店 のプラン一覧
鳥料理と旨い酒 鳥忠 <明石>のプラン一覧
和食酒場 風花 のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 新潟市江南区・秋葉区・南区×寿司
情報掲載日:2015年12月29日



新潟市内のレンタカー