三条八幡宮 三条市



旧郷社で、北三条駅の西約500mにある。三条八幡宮の創建は平安時代前期の仁和元年(885)、京都岩清水八幡宮の分霊を勧請、奉仕したのが始まりとされる。はじめ八幡山にあったが、慶長4(1599)年今の場所に遷座されたといい。三条の産土神として地区の人々の尊敬を集め、まつられてきた。
神域は約1万1500u。八幡宮公園として一般に開放されている。現在の拝殿や本殿は、明治13年(1888)の大火後、明治25年の再建になるもの。境内には三条近辺の金属関係者から信仰されている金山神社(祭神:金山毘古命、石凝姥命、天目一之命)が鎮座している。社宝には、県の指定文化財になっている銘信国の大太刀(室町時代)がある。
年中行事には、1月14日から15日未明に掛けての献灯祭、5月15日の『三条祭り』として知られる春季大祭がある。
また神社に伝承される、32舞からなる三条神楽は、県の無形民俗文化財に指定されている。
祭神は誉田別尊、気長足姫命、比売大神。


〔所在地〕三条市八幡町12番地18
〔アクセス〕
  • 電車…JR弥彦線「北三条駅」より徒歩で5分
  • 車…北陸自動車道「三条燕IC」より車で10分

〔交通情報〕

〔駐車場〕 10台

〔見どころ〕
〔連絡先〕 0256-33-1278 八幡宮社務所


≪献灯祭≫

その昔、三条の金物商人が商売繁盛と旅路の安全を御神灯に祈願したもので、江戸時代から続く伝統行事です。「ローソクまつり」とも言われ、氏子から献納される巨大な御神灯、直径50cm、高さ1m、重さ30〜50kgもある巨大な御神灯の数々が境内の中で灯る様は、何とも厳かで神秘的。人々の繁栄と幸福な前途を照らす灯明としても広く信仰され、毎年多くの参拝者が集まります。


〔開催日時〕 1月14日19時〜1月15日朝4時頃


三条八幡宮   地図 ストリートビュー





【献灯祭 八幡宮】 From YouTube ※左上隅をクリックすると再生リストが表示されます






三条市近郊のホテル・旅館情報

三条市内のグルメ情報


とんかつ 三条
ジャンル:とんかつ
アクセス:JR信越本線(長岡-新潟)東三条駅 徒歩7分
住所:〒955-0047 新潟県三条市東三条1-3-27(地図
周辺のお店のプラン予約:
まんまらろ のプラン一覧
個室居酒屋 寧々家 長岡駅前店のプラン一覧
煉瓦亭 のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 長岡×とんかつ(トンカツ)
情報掲載日:2015年4月26日

三条市内のレンタカー情報