角兵衛獅子 新潟市



……………………………………………………………………………………………
☆ 生活を助けた伝統芸能 ☆
……………………………………………………………………………………………

 旧新潟交通月潟駅のすぐ右隣に角兵衛地蔵尊を祭った堂がたっている。
月潟村は、角兵衛獅子発祥の地である。この地蔵尊は、諸国巡業の角兵衛獅子の一党が 芸の上達と巡業中の安全を祈願した守護尊とされてきた。この守り地蔵尊は二体あり、 制作年代は古く織豊期(16世紀後半)のものとも言われ、村のたちはじまりとほぼ同 時代のものと推定されている。
江戸時代の宝暦6年(1756)刊の『越後名寄』や文化12年(1815)刊『越後 野誌』などにも、越後の芸能として「かんばら獅子」「越後獅子」などとして紹介され ている。
中ノ口川ぞいで、毎年のように水害に悩まされてきた低湿地の農村・月潟村の人々は、 その中で生き抜き村の生活を維持してきた。角兵衛獅子のおこりは、角兵衛なるものが 舞を考え、村の子供に教えて諸国巡業して生活のよすがとしたことに始まるとの説もあ る。

文化8年(1811年)、9代目杵屋六左衛門によって、『越後獅子』が作曲されてから広く世間に知られるようになり、江戸では春の風物詩の一つに数えられるようになった。
角兵衛獅子の芸はその演ずる場によってかなりの相違があったが、現在伝えられる芸は「舞込み」「俵ころがし」「乱菊」「青海波」「金の鯱鉾」「水車」「人馬」「唐子」など一人芸や組芸である。
越後獅子・蒲原獅子とも呼ばれ、縞のもんぺに黒足袋、足駄がげ、頭に獅子頭、胸に豆太鼓といういでたちの子供たちが、笛太鼓に合わせてとんぼ返りや逆立ちなどの曲芸を披露した。
角兵衛獅子は神社仏閣の境内に小屋掛け興業することは年数回であり、ほとんどは門づけ芸としての一人芸や武家屋敷に招かれて演ずる組芸がおこなわれた。
その最盛期は、天明から文政(1781~1830)といわれ、当時の記録には、月潟村に75軒の出稼ぎ渡世とする家があったと記されている。

この伝統芸能も、明治末年には姿を消したが、昭和11年(1936)保存会が設立、 後継者育成が行われ今日にいたっている。
毎年6月の月潟祭と9月の村の観光キャンペーンの折に、小中学生により 舞が披露される。
2015年3月、「角兵衛獅子」の囃子の生演奏が、およそ40年ぶりに復活した。囃子と口上は約40年前に伝承者が絶え、それ以後は録音テープを使って舞を行ってきた。

村の農村改善センターには諸国巡業に出た当時の往来手形や笛、太鼓 など多くの角兵衛獅子関係資料が展示され、汗と涙もにじんだであろう頭巾や手甲に、 往時の蒲原の子供たちの姿をかいま見ることができる。


……………………………………………………………………………………………
☆ 角兵衛獅子の始まりの言い伝え ☆
……………………………………………………………………………………………
江戸時代、毎年のように洪水に襲われた月潟村では村民が飢えに喘いでしました。
これを見て、元水戸藩浪人の角兵衛が、子供達に芸を仕込んで、曲芸団として金を儲 け、生活のよすがとしたのが始まりだと言われます。まず自分の二人の子供に曲芸を教 え、それから村の子供達に伝授していったとされています。
 村にとっては恩人の角兵衛が、ある夜誰かに殺されしまいます。角兵衛は乱闘の末、 犯人の足の指をかみ切ったと言います。
 そこで、角兵衛の二人の息子は足の指のない男を捜すために、各地で曲芸をするとき に足元を見ても不自然でもない逆立ちをする事を考え出したというのです。これが、角 兵衛獅子の芸の中に逆立ちが多用される理由だと言われています。
 この「角兵衛」と言う人物が実際に存在したのかは不明ですが、そのような話が残さ れています。


……………………………………………………………………………………………
☆ 角兵衛獅子地蔵尊(村指定有形民俗文化財) ☆
……………………………………………………………………………………………
 昔から角兵衛獅子の一党が技能上達・道中安全を祈願し、守護尊とした角兵衛地蔵尊 があります。
 全国巡業中のすべてが6月23日の宵宮から24・25日に帰郷し、その芸能を競演奉納し て尊霊を慰めたと伝えられています。守り本尊は大小2体で、織豊時代前後に作られた ものといわれています。
角兵衛地蔵尊 現地案内看板

新潟市指定有形民族文化財

この地蔵尊は角兵衛獅子の一党が芸道上達と巡業中の安全を祈願し守護尊としてきたものである。
地蔵尊の本体は大小二駆で口碑によれば、織豊時代(一五六〇~一六〇〇年頃)に作られたものといわれている。角兵衛獅子の一党は地蔵菩薩の命日である六月二十四日には、全国の巡業から帰り、地蔵尊の前で巡業中の無事を感謝し村民に対する慰安報謝のためその技芸を競演奉納したという。

平成四年十二月十日
新潟市教育委員会

《角兵衛獅子地蔵尊
〔所在地〕新潟県新潟市南区月潟
〔アクセス〕
  • 車…北陸自動車道巻潟東ICから県道9号線 と 県道250号線 経由7.4 km(13 分)

《角兵衛獅子碑》
旧新潟交通月潟駅の近くに、有志一同で立てた角兵衛獅子の石碑があります。ボタンを 押すと美空ひばりの『越後獅子の唄』が流れます。
〔所在地〕〒950-1304 新潟県新潟市南区月潟
〔アクセス〕
  • 車…北陸自動車道巻潟東ICから県道9号線 と 県道250号線 経由7.4 km(13 分)

《角兵衛獅子の里遊歩道》
月潟地区に作られた全長2.2kmの遊歩道

《周辺の観光施設》
  • 郷土物産資料室(角兵衛獅子)
    〔所在地〕新潟市南区西萱場1069/農村環境改善センター内
《イベント》
  • 月潟まつり(角兵衛地蔵尊祭)
    毎年6月第四週の日曜日、角兵衛獅子の発祥の地である月潟村の白山神社で、角兵衛獅 子の舞の奉納をはじめ、月潟太鼓や子供山車行列などが行なわれる。
  • 大道芸フェスティバル:毎年9月下旬




地図 ストリートビュー


月潟の伝統芸能「角兵衛獅子」の囃子の生演奏が復活、披露
ケンオー・ドットコム-2015/03/22
新潟市南区の月潟地区で伝承される伝統芸能「角兵衛(かくべえ)獅子」の囃子(はやし)の生演奏が、2年間を費やした復元、 ... 角兵衛獅子囃子」として22日、月潟農村環境改善センターで開かれ、地元の人を中心に400人余りが来場した。




【角兵衛獅子】 From YouTube ※左上隅をクリックすると再生リストが表示されます







まさや御菓子司
ジャンル:和菓子
住所:〒950-1304 新潟県新潟市南区月潟13(地図
周辺のお店のプラン予約:
個室居酒屋 赤鶏御殿 新潟NEXT21店のプラン一覧
西堀 かいの のプラン一覧
美酒美食 居酒屋 KOU のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 新潟市×甘味処
情報掲載日:2015年4月23日

久元
ジャンル:割烹
住所:〒950-1304 新潟県新潟市南区月潟578(地図
周辺のお店のプラン予約:
Beer Trip Olive ~ビアトリップオリーブ~のプラン一覧
Cafe&Izakaba Lotus Land のプラン一覧
豚とろろ鍋 温野菜 ありったけ のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 新潟市×割烹
情報掲載日:2015年4月23日




新潟市内のレンタカー情報






東京観光・横浜観光なら、びゅうの「TYO」