上杉謙信は大酒豪 新潟県上越市



……………………………………………………………………………………………
☆ 上杉謙信は大酒豪 ☆
……………………………………………………………………………………………
上杉謙信は大酒豪であった。山形県米沢市丸の内1丁目の上杉神社稽照殿(けいしょ うでん)に展示されている春日杯や馬上杯という大杯を見ても、うなずける。謙信の酒の肴は、梅干であったという。梅干は二日酔い、疲労回復に効果があった。戦場食品 としても、重要であった。

謙信が大酒豪であったことを伝える手紙が残っている。謙信は永禄2年(1559)、第2回の上洛の際、関白近衛前嗣とたびたび室町13代将軍足利義輝の室町邸に招かれ、酒を ご馳走になった。謙信30歳、将軍と前嗣はともに24歳であった。3人とも血気盛んで、 意気投合したらしい。前嗣が百万遍智恩寺岌州(きゅうしゅう)に宛てた手紙に「今日 、謙信が将軍邸にやってきたので、太閤(父稙家)と私(前嗣)にも来るように、と将軍から使者がまいりました。しかし昨夜、将軍が私の家においでになり、夜明けまで大 酒を飲みました。そのため私は二日酔いで、参上しませんでした。この間は、将軍と謙 信がたびたび私の家においでになり、華奢な若衆をたくさん集めて大酒を飲み、夜を明 かしました。特に 謙信は若衆が好きだとうけたまわりました」とある。
謙信が京の都で飲んだ酒は、銘酒「柳」であったろう。戦国時代、京都五条坊門の西洞 院南西頬の柳酒屋(中興氏)で作っていた酒である。狂言に「松の酒屋や海壷の、柳の 酒こそすぐれたれ」と、うたわれた。この酒を入れた樽のことを「柳樽」という。樽の 材質は杉材であった。
柳は永享年間から永正年間(1429〜1521)にかけて、生産が最盛期であった。戦国時 代には、全国にその名が知れ渡り、酒そのものを柳と称するようになった。四百年後の 今日も、結納の品の一つで、大変おめでたい酒である。
謙信の辞世の詩が「四十九年一睡夢 一期栄華一盃酒(※49年のわが生涯は、振り返ってみれば一睡の夢であった。この世の栄華は、一杯の美味しいお酒に等しい。)」であった。辞世の句に酒を歌うなど、謙信がどれほど酒を愛していたかがうかがえる。

謙信は1578年3月春日山城内の厠で、脳出血で倒れた。肴をとらない大酒と、激しやすい性格による高血圧が原因となったと思われる。



……………………………………………………………………………………………
☆ 柳酒 ☆
……………………………………………………………………………………………
平安時代の末期には、一般市民も自家製の酒を造って呑んでいましたが、鎌倉時代に なると、幕府はこうした自家製の酒を禁止し特定の業者に許可を与えました。室町時代 になると、京都を中心に三百以上の業者ができましたが、京都五条坊門西洞院にあった 酒屋は、門前に柳の木がかかったことから自分のところで造った酒に「柳酒」という名 前をつけて販売しました。
鎌倉時代末期から室町初期にかけて「柳酒」は一世を風靡しました。ところが室町中 期になると、さしも名高かった柳酒にかげりが見えて来ました。「柳酒は甘すぎる」と いう声が出始めたのです。
婚礼の祝儀に使われる柳樽は、縁起をかついで家内喜多留と書かれます。角(つの)の ようになった取っ手のある柳樽の語源は、よくふやけて漏ることのない柳の木で樽を作 ったからだという説と、京の柳酒屋がこの樽で酒を売ったからという説と二つあるよう です。









直江津駅周辺のホテル・旅館情報

上杉謙信の検索結果