上杉謙信 Kenshin Uesugi 上越市



謙信は大酒豪

上杉謙信(うえすぎけんしん,=長尾景虎,ながおかげとら) 享禄3年1月21日(1530年2月18日)庚寅年.戊寅月.壬子日〔生〕~天正6年3月13日(1578年4月19日)〔没〕

越後国守護長尾為景の末子として春日山城(現在の上越市)で生まれた。幼名虎千代、元服して景虎、のち政虎、輝虎と名を改め、晩年には仏門に入って、謙信と号した。


天文5年(1536)、7歳のとき、春日山城下の長尾家菩提寺林泉寺に入り、名僧天室光育より厳しい禅の修行文武の道を学んだ。
この年の8月、父為景は守護代長尾家の家督を嫡男晴景に譲る。
天文11年(1542)12月24日父為景が亡くなると、越後はかなり波瀾含みになる。後をついだ長尾晴景(景虎の兄)は病弱で器量のないことがわかると、中条藤資・本庄房長・色部勝長らの揚北衆は晴景の命令に従わず、そのうえ春日山城に参勤せず、わがままな振る舞いの限りを尽くした。
天文12年(1543)景虎14歳のとき、晴景は揚北衆を制するため、中越地区の拠点であった栃尾に弟の景虎を派遣し、当地を管理する古志長尾氏の養子にして少しでも反乱勢力の動きを抑えようとした。

天文13年(1544)、雪が消えると近隣の武将達が景虎を若輩と侮り、方々から攻撃を仕掛けてきた。15歳の景虎は栃尾城主本庄実乃、三条城主山吉行盛や母方の実家栖吉城主長尾氏らの協力を得て、敵を見事に撃退して初陣を飾った。

栃尾城での景虎の人望が日増しに高まると、景虎の叔父高梨政頼や揚北衆の中条藤資、母の実家栖吉城主長尾景信らは、景虎擁立を企てた。一方、晴景は義弟の坂戸城主長尾政景らの支援をうけ、景虎討伐を決意するに至った。

晴景と景虎との対立が起これば、それに乗じて上杉定実の地位も危うくなる。定実は両者を和解させるべく、賢明に晴景を説得し、ついには晴景は病気療養のため引退することになり、景虎が長尾家を継ぐことになった。
景虎は天文17年(1548)、19歳のとき春日山城に入り、兄晴景に代わって守護代長尾家を相続した。以後、49歳で死去する間での30年間、春日山城を根拠地に越後を統治する一方、 京都・信州川中島・関東・北陸へと兵をすすめた。この間70余回戦ったといわれている。
謙信は、自らの野望のために戦ったということは、表面的にはほとんどなかった。救援を求められたり頼られたりして兵を進めることが多く、義を重んずる武将であった。

天文22年(1553)信濃の村上義清らが甲斐の武田晴信(信玄)に領地を奪われ越後に逃れてきた。当時武田は駿河の今川義元・関東の北条氏康との三国同盟を成立させ、南側が安定したので北信濃に進出しようとしていた。景虎は武田軍の北上を止めるため、同年8月大量の軍を動員し、川中島(現長野市南部)に展開した。

川中島

川中島の戦いがあった地域は、川中島を含む善光寺平の一帯で、高井・水内・更級・埴科の四郡で「川中島四郡」と呼ばれる地域であった。この「川中島四郡」の帰属をめぐる争いが、川中島合戦であったといえる。
川中島は謙信が居城とする春日山城までわずか50キロほどしかなく、信玄による越後侵入を防ぐため、謙信にとっては押さえておきたい場所であった。
謙信は、葛尾城村上義清、鴨ヶ嶽城高梨政頼、井上城井上清政、須田城須田満親、長沼城島津規久といった「川中島四郡」の国衆らを支援した。

もっとも「戦い」とはいうものの、第一回(1553),第二回(1555),第三回(1557)は実質的な戦闘は起きておらず両者にらみ合っただけで、最終的にはおとなしく両者軍を引いている。その間に景虎は北陸経由で2度 (1553,1559)京都に行き、将軍家と接触したり天皇(後奈良・正親町)に拝謁し、自身の越後支配の権威づけや、武田信玄に対する軍事行動を正当化する裏付け得ようと図った。

上杉憲政が関東管領を嗣いで上野国平井城に拠って北条氏に抵抗していたが、永禄元年(1558)とうとう支えきれずに景虎を頼って越後に逃げてきた。

恋愛

景虎は永禄3年(1560)、三国峠を越えて関東平野へ出陣し、厩橋城に入った。このとき平井城の城将千葉采女がその娘伊勢姫を人質として差し出した。景虎は伊勢姫を気に入り側に置こうとしたが、柿崎景家が敵方の女を側に置くことに反対したので考え直し、断念したという。生涯独身で不犯を通したといわれる謙信が好意を抱いた女性といわれる。
翌永禄4年(1561)2月には、小田原城を攻囲した。閏3月16日、鎌倉鶴岡八幡宮で上杉憲政のたっての頼みで、上杉家の家督と関東管領の職を譲り受けることになった。

永禄4年(1561)8月、川中島で第四回の戦いを行いた。これは「川中島の戦い」の中でも最大の決戦であった。上杉政虎は「車がかりの陣」をもって「鶴翼の陣」を布いた武田信玄の軍勢に猛攻をかけたとされている。武田信玄自身も負傷し、一説には信玄と政虎の一騎打ちもあったことで有名。また武田軍では信玄の弟の武田信繁や山本勘助など有力武将が討ち死にしている。

一騎打ちの真相

『甲陽軍鑑』で謙信と信玄、両将一騎討ちや三太刀七太刀を記載していることから、一騎打ちが語られるようになった。
越後荒川保の領主荒川長実が、本陣が崩れ逃げる信玄を千曲川の支流御幣川で捉え3太刀斬りつけ、2箇所に傷を負わせたが討ち取ることが出来なかったという話が実話のようである。『甲陽軍鑑』の記載は、信玄が無名の武将によって負傷させられるなどあってはならないことから、苦しまぎれに記載したものと思われる。
永禄7年(1564)、謙信・信玄が対峙した最後の戦いとなる第五回川中島の戦いが行われた。信玄が決戦を避けて塩崎城に布陣し、にらみ合いで終わったことから塩崎の対陣とも言う。
このとき組討ちの勝負で川中島の領有権を決めようと決した。8月16日に、武田方から安馬彦六、上杉方から長谷川与五左衛門基連が選ばれ組討ちを行った。結果、長谷川与五左衛門基連が安馬彦六の首を取り、川中島は以後越後領となったという。
こののち、信玄は東海道や美濃、上野方面に向かって勢力を拡大し、輝虎は北陸や関東出兵に力を注ぎ、川中島で大きな戦いが行われることはなかった。

塩止め

永禄3年(1560年)、桶狭間の戦いで今川義元が織田信長に討たれ、今川家は衰退をよぎなくされた。永禄11年(1568年)、武田信玄は今川家を見限り、「甲相駿三国同盟」を破棄し、今川領である駿河を攻め自領としてしまった。これに怒った今川氏真は「塩止め」を実施する。この騒動を知った上杉謙信が、「戦いは兵力をもって行うもの。自分は塩で相手を屈服させるようなことはしない」と述べて、日本海の塩をすぐさま信玄に送った話は有名です。
これに感謝して武田信玄から上杉謙信に対して、今に残る『塩留めの太刀』が贈られた。
苦しむ敵に救いの手を差し伸べることを意味する「敵に塩を送る」という言葉は、この故事から生まれた。
実際には越後の塩は以前から甲斐で販売されており、謙信が他の大名と同調するのをきらって、塩の販売を止めなかったのが真相のようである。
謙信は朝廷と幕府を再興したいという大きな夢を持っていた。天文22年(1553)と永禄2年(1559)に上洛したのは、そのための布石であった。上洛の道を開くため天正5年(1577)9月15日、能登七尾城を攻略し、同23日、加賀湊川(手取川)で柴田勝家の率いる織田信長軍を撃退した。

越後に戻った謙信は、天正5年12月23日、上杉軍団の武将81名の動員名簿を作成し、翌天正6年(1578)3月15日を関東出陣の日と決めた。ところが出陣直前の3月9日正午頃突然発作が謙信を襲った。脳溢血で倒れ、13日、上洛の夢を見つつ、帰らぬ人となりた。時に49歳。法名不識院殿真光謙信。
「四十九年一睡夢 一期栄華一盃酒」。大の酒豪であった謙信が、死の一ヶ月前に残した辞世の句といわれる。生涯妻を娶らず、ほとんど休むもなく戦い続けた一生であった。

遺骸は米沢の上杉家御廟所にありる。ほかに廟所は高野山に、供養塔は林泉寺と明静院にある。

毎年8月16日・17日に、上越市では謙信公祭が盛大に行われる。


〔墓所〕

〔記念碑〕

〔古戦場〕
〔その他史跡〕
〔ゆかりの地〕
  • 関温泉
    上杉謙信が、将兵の疲れを癒すための隠し湯といわれています。
  • 眼の温泉 奥湯沢 貝掛温泉
    上杉謙信が関東攻略の際、将兵の英気を養い、傷を癒すために貝掛に浸からせたと言い伝わっている。








【上杉謙信】 From YouTube ※左上隅をクリックすると再生リストが表示されます










上杉謙信の検索結果


















上杉家廟所 春日山林泉寺 上杉謙信公像 春日山城跡記念公園 上杉謙信公像 秋葉公園 八幡原史跡公園(川中島古戦場) 手取川古戦場 春日山城跡 毘沙門堂 春日山神社 春日山城跡ものがたり館 沼田城 栃尾城跡 瑞麟寺跡 ←CLICKで移動