朝日酒造(株) Asahi Shuzo Co., Ltd.  長岡市



天保元年(1830年)の創業以来、地元の米で、地元の水で、地元の自然と人とが一つになることで、美味い酒を造る。風土と供にあるのが、この地の酒「地酒」という考えだ。だからこの蔵元では本来の酒作りに加えて酒米作りを手がけ、清冽な水を守るためにホタルが棲める環境作りに力を入れる。また酒作りは最新鋭の設備を導入して行われる一方で、昔ながらの蔵人たちの五感による技も脈々と受け継がれ、酒文化の継承者となる若い蔵人達の育成にも余念がない。
昭和61年に初めて発売された『久保田』は同社が、社運を賭けて、取り組んだ銘柄であり、特有の口当たりの軽さは、現代の味わいの代表格として、都会でブームを巻き起こした。新潟の日本酒のイメージは、口当たりがやわらかくキレのよい淡麗辛口が主流ですが、それはそのまま「久保田」の味わいにほかなりません。「久保田」が新潟の地酒の代表格としてイメージを作り上げたともいえます。

平成16年の「中越地震」の際には、タンク60本分の発酵を進めていたもろみがあふれ出るという被害にあう。このとき、残ったもろみを使って、製造出荷し、将来の朝日酒造の信用に、ぬぐいきれない汚点を残してはいけないと、残ったもろみをすべて捨てさせたという。

2016年9月、ワインの世界的最高資格者マスターソムリエで、利酒師として日本酒にも精通している高野豊氏がプロデュースし、イオン限定で醸造した「千年翠 純米吟醸」 を発売。

平成29年(2017)、株式会社スノーピーク(新潟県三条市)と、「アウトドアで日本酒を楽しむ。」という新しいカテゴリーの創出を目指し、日本酒「久保田」初の共同開発となる新シリーズ「久保田 雪峰」を発売。

2018年、「久保田 雪峰」が2018年のグッドデザイン賞を受賞する。








■朝日酒造の飲める店

越後の蔵 和心づくし あさひ山 (長岡駅)

越州 新橋店 (新橋)

あさひ山 蛍庵 (長岡市その他)

佳肴 あさひ山 (新潟駅南口・けやき通り)










【朝日酒造】 From YouTube ※左上隅をクリックすると再生リストが表示されます




朝日酒造 (新潟県)  

天保元年(1830年)、現在地に久保田屋として創業。 品質第一を家訓に、朝日地内を流れる地下水脈の軟水で醸した その酒は、すっきりと芳醇な酒質で、四季折々に村人をいやす お酒として愛されていました・・・











朝日酒造の検索結果


久保田


新潟県の朝日酒造に関連するお店









楽天日本酒ランキング