福顔酒造(株) Fukugao Shuzo Co.,Ltd. 三条市



福顔酒造は明治30年創業。下田村(現三条市)新屋出身の小林家が、母なる川「五十嵐川」の伏流水と下田の良質米を用いて、三条市で酒造りを始めました。
下田の大自然で生まれ育った福顔(ふくがお)。名前の由来は、飲む人が福の顔になる旨い酒。つまり、旨い酒を飲んで福顔になってほしいという、創業者の理念をそのまま蔵元名にしました。
それから一世紀以上経った今でも、この理念を頑なに守り続けていると蔵元一同自負しております。ただ、飲む人の心に残る酒を造り続けていきたいとの願いがそこにあります。福顔では全国でも良質で知られる、地元産『五百万石』、『越淡麗』と兵庫産『山田錦』を使用しています。
また、高い山々に囲まれた新潟は軟水に恵まれ、中でも五十嵐川の水は超軟水だといわれています。その五十嵐川の伏流水を仕込み水として使用しており、福顔の酒は柔らかくまろやかな味わいです。また、優しい味の仕上がりによって、飲み飽きしないお酒です。




■福顔酒造の飲める店





福顔酒造  地図 ストリートビュー








【福顔酒造】 From YouTube ※左上隅をクリックすると再生リストが表示されます










福顔酒造の検索結果




新潟県の福顔酒造に関連するお店










楽天吟醸酒ランキング