逸見酒造(有) Itsumi Shuzo Co.,Ltd. 佐渡市



 1872(明治5)年、佐渡島真野町で創業、佐渡で一番小さな蔵元。農業を稼業としていた初代がその米を加工したのが始まりです。
仕込み水は、地下からの湧水を使っています。酒米は山田錦と五百万石、酒造好適米という専用の酒米を使います。米を蒸しその蒸し米に麹を加えてからは、手作業で五感を研ぎ澄ませて向き合います。
 県下でも数軒しか扱っていない山廃仕込みの酒。古い製法で手間もかかりますが、佐渡の地酒として特色ある位置づけができる酒だと思います。

@じゃらん
 酒名「真稜」の由来については「順徳上皇真野御陵」を命名の由来に持つ。
「至」は、フルーティーで爽やかな飲み応えの日本酒として、テレビ放送「嵐にしやがれ(日本テレビ)」で紹介されて一時は手に入らないほどのブームとなりました。
「至」の商品名は最初は「真稜 純米吟醸酒」だったが、数年前に地元の酒販店から「何かネーミングを」との要望を受け、酒販店とともに考えて命名。旧真野町長を務めた先々代の名前に由来する







■逸見酒造の飲める店


逸見酒造  地図 ストリートビュー








【逸見酒造】 From YouTube ※左上隅をクリックすると再生リストが表示されます











逸見酒造の検索結果




新潟県の逸見酒造に関連するお店  









楽天純米酒ランキング