河忠酒造(株) 長岡市



創業は明和2年(西暦1765年 江戸時代)。蔵の背後に連なる西山連山は、標高は300メートル程ですが稜線からは長岡平野と日本海が見渡せます。「想天坊」の仕込み水は、口に含むとほのかに甘さを感じる西山連山の伏流水を、敷地内の井戸から汲み上げて使用しています。
原料米は希少米「高嶺錦」を主体に、地元長岡みしまの水田で収穫される酒米を使用しています。
「高嶺錦」と、蔵が伝承する「越後流」の酒造技術、蔵の仕込み水との相性が良く、ふくらみがありきれいな米の甘みがしっかりと感じられる「淡麗旨口」の味わいとなります。「想天坊」は、酒造りの方向性として「きれいなうまみが感じられ、ふっくらとしていて、すっとキレのある『淡麗旨口』の味わい」を目指しています。 


icon


■河忠酒造の飲める店


河忠酒造  地図 ストリートビュー





【河忠酒造】 From YouTube ※左上隅をクリックすると再生リストが表示されます










河忠酒造の検索結果




新潟県の河忠酒造に関連するお店 





米焼酎ランキング