良寛 Ryokan 出雲崎町




宝暦8年10月2日〔1758年11月2日〕〔生〕 - 天保2年1月6日〔1831年2月18日〕〔没〕

良寛は宝暦8年(1758)三島郡出雲崎町石井町の名主、兼石井神社の神官も兼ねていた橘屋山本以南の長男として生まれた。
母の秀子は、佐渡の山本家から養女に、父の以南は、三島郡与板町から養子に来た人でした。
幼名を栄蔵といい、性格は温和であったが社交性に欠け、昼行灯とあだ名されるほどだった。
幼少時の逸話として、父以南を上目遣いで見た良寛は「親をにらむとカレイになるぞ」と叱られた。それを信じた良寛は、変身したら海に飛び込もうと、じっと海岸に座り込んでいたという逸話は象徴的である。
しかし幼時から読書を好み、13歳の頃から地蔵堂の大森子陽の狭川塾に儒学を学び、16歳で元服、名主見習となった。しかし、18歳のとき家督を弟由之に譲り、家を捨てて出雲崎の光照寺万秀和尚を頼って出家し、剃髪した。
良寛の出家の動機としては、正直一途な良寛にとって、政治的駆け引きの必要な名主職が耐えがたかったのではないか。
安永8年(1779) 22歳の時国仙和尚に従って備中玉島に赴き10年間修行に励んだ。当初、良寛も僧として立身出世を考えたらしいが、その後、修業を重ねるうち、名利の道を捨てて、清貧に、自然を愛で、慈悲の心で生きることが、真の仏道であると考え至った。
厳しい修行に耐え、寛政2(1790)年33歳で師から印可の偈(げ゙)を与えられる。しかし翌年寛政3年(1791)、国仙和尚の死を契機としてか、諸国行脚の旅に出る。
寛政8年(1796)頃郷里に帰ったが約10年間は寺泊町郷本をはじめ空庵や方々の寺を転々とし、文化元年(1804)48歳の時国上山の五合庵に定住した。阿部定珍、解良叔間らの外護をうけ、托鉢しながら書道・詩歌に格段の進歩を遂げた。宗教による諦観をもとにし、純真な人間性を愛し、虚偽をしりぞけ、子供や農民に親しんだ。
欲がなく、質素な生活をしていた良寛のところに泥棒が入ったことがあったが、盗むものがなく、良寛のかけていた布団を持って行ったことがあったが、そんな泥棒を哀れむ気持ちを持っていた。

ぬす人にとりのこされし窓の月

文化13年(1816)60歳を超すと里に近い乙子神社境内の庵室に移り、文政9年(1826)69歳のとき、孤独を恐れ、人々のすすめもあり、三島郡和島村島崎の能登屋木村右衛門の屋敷内の小屋に移り住んだ。
翌年、文化14年(1817)初めて貞心尼(当時29歳)に会った。
良寛は、誰が訪ねてきても、山にあるもの、川辺に生えているものなどでもてなし、何もないときは、窓を開け放って美しい自然をご馳走したという。

良寛はここで5年をすごし、天保2年(1831)1月6日愛弟子の遍澄や貞心尼などに看取られ74歳で示寂,隆泉寺に葬られた。

かたみとてなにかのこさむ春の花
夏ほととぎす秋はもみじ葉

良寛は書家の書、歌人の歌、料理人の料理の三つが嫌いであった。また文政11年(1828)におきた三条大地震は死傷者3千人、倒壊、焼失家屋1万4千2百戸という大地震であったが、この時良寛が与板の山田朴皐に出した手紙にも「災難に逢う時節には災難に逢うがよく候。死ぬ時節には死ぬがよく候。是はこれ災難をのがるる妙法にて候」と書いているように良寛の修行はあくまで自然に即した「自ずから成る」ことを信条としていた。
永い間の托鉢生活,清貧孤独,子供好きで無欲脱俗至純な人柄は諸人の敬愛を受けた。一方大村光枝・阿部定珍などの文人・庇護者と交わり,万葉調の歌・味わい深い漢詩をのこした。
殊に晩年貞心尼と唱和した「蓮の露」は飾らぬ愛情のほほえましさがある。
芸術的にすぐれた書は和漢の名筆に学びながら自由奔放・当意即妙・独創的。現存の書、和歌約1,400,漢詩約420,書翰は250余にのぼり愛好者・愛蔵者が多い。

良寛の書は人に見せるため、名声のため、代償を得んがために書かれた書ではなかった。自ずと成った天心の書であったから、永く人々の心をとらえて放さぬ魅力がある。阿部家蔵の遺墨は重文。
良寛の墓は、島崎隆泉寺裏にある木村家墓地の正面に据えられている。
出雲崎の良寛の生家跡には良寛堂が建っており、虎岸ヶ丘の上には良寛記念館がある。

辞世の句
「散る桜 残る桜も 散る桜」





  • 🔶墓所
    浄土真宗隆泉寺は木村家の菩提寺で、 近世初め、木村家とともに能登から移ってきた。
    〔所在地〕長岡市島崎4709(「木村邸」から3分) 隆泉寺

  • 🔶著作
    良寛全集〈上巻〉 (1959年) 良寛全集〈下巻〉 (1959年)、東郷豊治編著 東京創元社
    定本良寛全集 (第1巻) 定本良寛全集 (第2巻) 定本良寛全集 第3巻 書簡集法華転・法華讃 谷川敏朗・内山知也・松本市寿編 中央公論新社
    校注 良寛全歌集 谷川敏朗編、春秋社
    校注 良寛全詩集 谷川敏朗編、春秋社
    校注 良寛全句集  谷川敏朗編、春秋社
    良寛歌集 (東洋文庫)

  • 🔶記念碑
    • 良寛筆蹟碑
      〔所在地〕新潟市中央区女池南3-1-2(新潟県立図書館前)
    • 良寛歌碑 由之老 良寛・・・・
      〔所在地〕 三島郡出雲崎町大字米田1 良寛記念館
    • 良寛歌碑 「いにしへに かはらぬものは・・・
      〔所在地〕 三島郡出雲崎町大字石井町60-乙(良寛堂敷地内)
    • 良寛歌碑 「うつせみは 常なきものと・・・
      〔所在地〕 三島郡出雲崎町大字尼瀬1280(光照寺境内)

  • 🔶銅像

  • 🔶ゆかりの地
    • 🔹燕市分水良寛史料館
    • 🔹良寛堂
    • 🔹良寛記念館
    • 🔹光照寺
      18歳のとき、光照寺に駆け込み出家、良寛と名のる。良寛は、後に備中玉島円通寺国仙和尚に随行するまでの4年間、ここで参禅した。良寛の書いた扁額『招隠舎』がある。
      〔所在地〕新潟県三島郡出雲崎町尼瀬1280

    • 🔹備中玉島の円通寺
      安永8年(1779年)良寛22歳の時 円通寺の国仙和尚が、光照寺を訪れた際、"生涯の師"と定め、備中へ同行する。寛政2年(1790年)印加を賜る。翌年、良寛34歳の時国仙和尚が亡くなり、その後5年間中国、四国などを乞食行脚し寛政8年(1796)39歳のとき越後に戻る。
      〔所在地〕岡山県倉敷市玉島柏島451
    • 🔹良寛の里美術館

      @じゃらん

      良寛と愛弟子、貞心尼の書や詩歌を中心にゆかりの文人墨客の作品も含めて展示した美術館
      良寛が木村家より小屋を借り受け居住し、終焉の地となった場所でもある。
      〔所在地〕新潟県長岡市島崎3938
    • 🔹良寛の里
      道の駅わしま 良寛美術館などを配する
      〔所在地〕新潟県長岡市島崎5713番2

    • 🔹五合庵
      各地での厳しい修業を終え、越後に戻った良寛が文化元年(1804年)頃から過ごした庵。ここで多くの遺墨を残した。現在の五合庵は大正3年(1914)に再建されたものである。
      〔所在地〕新潟県燕市国上地内
    • 🔹国上寺
      良寛ゆかりの五合庵はこの寺の敷地内にある。宝物殿には良寛の屏風・枕地蔵・京都大江にゆかりの酒呑童子絵巻等がある。
      〔所在地〕 燕市国上1407
    • 🔹乙子神社草庵
      五合庵の老朽化と朝夕の山道の登り降りが老身にこたえるようになり、良寛は文化13年(1816年)から約10年、乙子神社社務所に移り住んだ。以来、誰いうこともなく乙子神社草庵と呼ぶようになったという。現在の草庵は昭和62年(1987)に再建されたものである。
      • 〔石碑〕
        生涯、身を立つるに懶し、騰々、天真に任まかす。
        曩中三升の米、炉辺一束の薪。

        良寛の悟道的な生活を伝えている。

      〔所在地〕燕市国上地内

    • 🔹木村家の草庵
      良寛は文化14年(1826)69歳のとき、乙子神社草庵から木村家の離れの庵室に移住し、晩年の約5年間を木村家に身を寄せた。建物は戊辰戦争の際焼失し、「良寛禅師の庵室跡」の石碑が建っている。貞心尼とはここで出逢い、最後は弟由之や、遍澄、貞心尼、木村家の家族に看取られ74歳の生涯を閉じる。
      能登屋木村家は近世初め、菩提寺の隆泉寺とともに能登から移ってきた。明治までは島崎村の百姓代を代々務めてきた旧家である。
      〔所在地〕長岡市島崎
    • 🔹夕ぐれの岡
      良寛が托鉢の道すがら、よく足を止めた場所とされています。そのときに、かつて五合庵に住んでいた萬元上人を偲んだ歌をうたったとされています。
      〔所在地〕燕市太田地内







【良寛】 From YouTube ※左上隅をクリックすると再生リストが表示されます









良寛の検索結果

icon











良寛が暮らし、詩歌に詠み、書に残した越後の美しい景観を、厳選した写真により構成。 良寛芸術を育んだ原風景をあまねく紹介した大型写真集。






冠婚葬祭サービス



燕市分水良寛史料館 良寛堂 良寛記念館 光照寺 良寛の里美術館 良寛の里 五合庵 国上寺 乙子神社草庵 夕ぐれの岡 墓所 木村家