鮭の酒びたし 村上市



村上は塩引鮭が有名で、この塩引鮭とは新巻鮭とは違い、鮭を塩づけしたままでなく1週間位塩漬けしたのち、5時間位流水につけ塩抜きしてから、頭を下にしてつるし寒風に2・3日あて、乾かして仕上げるもの。
この塩引鮭を軒に下げて7月まで干しておき、毎年7月6日・7日の村上大祭に村上の地酒にひたして柔らかくして食べるものが、鮭の酒びたしという。新潟県の海岸部でも村上は北部にあるので、気温が低く風も強いのです。この気温と風の強さが村上の珍味「鮭の酒びたし」をつくりあげる。

≪製造販売会社≫





株式会社 永徳 千年鮭 きっかわ 越後村上うおや


鮭の酒びたしの店
なな草
なな草(古町)

新潟地場もん 越たんたん 新潟駅前店 (新潟駅前)

穏坐 dining オンザダイニング (新潟駅南口・けやき通り)

ホテルオークラ新潟 や彦 (新潟古町)










【鮭の酒びたし】をオンラインショッピングで探す




■鮭の酒びたしの宿