村上のお茶 村上市



茶が、村上地方に初めて栽培されたのは元和6年(1620)徳川時代のはじめ、村上城主、堀丹後守の時代で大年寄徳光屋覚左衛門が当地方に主な産業のないことを憂い、この茶を産業として興すことを思いたち宇治伊勢から自費で茶の実を購入し播種したのが始まりといわれています。品種の改良や製茶法の研究を藩が支援し、発展した。その後延宝2年(1674)当時の城主榊原政倫は茶畑に貢税を置いたことからもその発展ぶりがうかがえます。
全盛期は明治時代、茶畑は約400ヘクタールで現在の約18倍もあり、茶はロシアやアメリカに輸出されるほどだった。しかし、戦後派農地解放で茶畑が分割され、食糧不足で野菜や稲の栽培に転換するケースが多かった。さらに、宅地化や道路建設などで減少した。

 茶は、気象条件がその育ち方に大きな影響があります。一般に年平均気温が11度(C)で栽培の北限とされていますが、経済的に茶の栽培がひきあうのは、茨城・栃木・群馬・新潟の四県を結ぶ線の以南といわれております。村上地方は新潟県でも最も北端に位置しており、村上茶は集団的に栽培されている北限であります。村上の年平均気温は12.7度。村上市より北の秋田県能代市や岩手県大船渡市でも小規模な栽培はされているが、商業として成り立っているわけではない。


 村上茶は、生産地としては、日本の最北限の地にあり、他産地にくらべ寒い冬の季節が長く、年間の日照時間が短かくなっています。そのため、炭酸同化作用がおだやかで渋味の素であるタンニンの含有量が少なく甘味が強く感じます。また、他産地の茶樹が単一品種で栽培されていますが、村上茶は長い間の自然交配による寒冷地向きにできた混合茶樹で栽培されています。このことは味の点でも他産地がストレートの味なのに対し村上茶はミックスブレンドで、独特なまろやかな味が生み出され高級な村上茶として親しまれています。
茶畑は、畝の幅が他産地より広く、冬の寒さに備えて茶の木の根元に土を盛ることができるようになっています。
一般に良質の茶を産するには、ある程度茶樹の樹令が古い方がよいといわれますが、当市の茶の平均樹令は150年以上で、なかには300年以上の木もあって一部専用茶園では改植が開始されています。

〔村上茶を紹介しているサイト〕

村上茶茶摘
毎年5月になると新芽が芽吹き、村上市は茶摘で活気にあふれる。一番茶を摘んだあと、40日ほどで次の芽が出て、二番茶、三番茶と摘んでゆく。
茶摘の時期にあわせ、城下町の春を満喫できる体験企画も開催される。

城下町村上ざんまい
城下町村上の魅力を存分に味わって頂くため企画された春の観光キャンペーン。酒蔵見学や試飲、茶摘みや茶染めなどの体験ものから、とれたて魚まつりや村上味合戦など、村上ならではの食を堪能できるものまで、盛り沢山のイベントが市内各地で行われる。

■開催4月29日~5月31日
■HPhttp://www.mu-cci.or.jp/kanko/zanmai/
■問合せ先新潟県村上市観光協会
■電話0254-53-2111
(参考:http://www.tabi-murakami.com/bussan.htm)







【村上茶】 From YouTube ※左上隅をクリックすると再生リストが表示されます




【村上茶】をオンラインストアで探す


村上駅周辺のホテル・旅館情報




静岡茶セットB
価格:3178円

JAタウン






村上茶

{{item.itemName}}

{{item.itemPrice}}円