胎内高原ワイナリー Tainai winery 胎内市



胎内高原ワイナリーは、胎内市(旧黒川村)が経営するワイナリーで、自分たちで育てたブドウのみでワインづくりをしている。当時の村長の「ものづくりは本場に倣え」という考えを基に、2003年に畑を開墾した。まだ歴史の浅いワイナリー。
眼前には、標高568メートルの「日本一小さな山脈」と言われる櫛形山脈があり、また眼下には雄大な日本海が青々と広がる。天候の良い日には佐渡島も見られる絶景の下、約2万5000本のブドウが栽培される。
日光が良く当る南南西に面した急斜面を利用し、 栽培面積は6.5haあり、国内有数のワイナリー畑に引けをとらない広大な面積を有する。
「ツヴァイゲルトレーベ」「メルロー」「シャルドネ」「ソーヴィニヨンブラン」の4品種は、オープンから今でも変わらない主力品種となっている。












【胎内高原ワイン】 From YouTube ※左上隅をクリックすると再生リストが表示されます















胎内高原ワインの検索結果










楽天赤ワインランキング



胎内高原ワイナリー 胎内高原ビール園【ブルワリー】 胎内高原ミネラルハウス ロイヤル胎内パークホテル 胎内フィッシングパーク