胎内高原ワイナリー 胎内市



胎内高原ワイナリーは、胎内市(旧黒川村)が経営するワイナリーで、自分たちで育てたブドウのみでワインづくりをしている。当時の村長の「ものづくりは本場に倣え」という考えを基に、2003年に畑を開墾した。まだ歴史の浅いワイナリー。
眼前には、標高568メートルの「日本一小さな山脈」と言われる櫛形山脈があり、また眼下には雄大な日本海が青々と広がる。天候の良い日には佐渡島も見られる絶景の下、約2万5000本のブドウが栽培される。
日光が良く当る南南西に面した急斜面を利用し、 栽培面積は6.5haあり、国内有数のワイナリー畑に引けをとらない広大な面積を有する。
「ツヴァイゲルトレーベ」「メルロー」「シャルドネ」「ソーヴィニヨンブラン」の4品種は、オープンから今でも変わらない主力品種となっている。


〔所在地〕新潟県胎内市宮久1454
〔アクセス〕
  • 電車…JR羽越本線中条駅より14km 車で25分
〔見学〕 不可


■ジャンル別
◇赤ワイン メルロー
◇白ワイン シャルドネ

〔交通情報〕
〔HP〕 http://www.gourmet-tainai.jp/wine/  












【胎内高原ワイン】 From YouTube ※左上隅をクリックすると再生リストが表示されます






胎内高原ワインの検索結果


ロイヤル胎内パークホテル 手打ちそば みゆき庵
ジャンル:そば
住所:〒959-2822 新潟県胎内市夏井1191-3 ロイヤル胎内パークホテル内(地図
周辺のお店のプラン予約:
春よし のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 新発田・下越×そば
情報掲載日:2015年3月15日


ロイヤル胎内パークホテル
当ホテルの魅力の一つのお風呂はオススメ!新潟県【人気ホテル・旅館】の【お風呂部門】現在6位








胎内高原ワイン

{{item.itemName}}

{{item.itemPrice}}円