新潟銘醸 株式会社 小千谷市



 清酒長者盛、越乃寒中梅、米焼酎ほんやら醸造元。大吟醸酒「長者盛」は、関東信越国税局主催の酒類鑑評会において、平成10年の第67回鑑評会より平成16年開催の第75回鑑評会まで、連続9回「優秀賞」に選ばれ、中でも平成10年と11年には、新潟県の「県代表酒」になるなど入賞の常連として技術力に定評がある。またこの間の受賞回数は県内の蔵本の中では最多である。
 その味は、端麗辛口といわれる新潟の酒の中では、いわゆる、味のあるタイプ。といっても、重い味わいではなく、やわらかさがあると言われます。

 酒造好適米として越後が誇るのが「越淡麗」。これは、農家の人にお願いして契約栽培を行っている、特別製の酒米です。新潟銘醸では、最新の精米プラントを使用し、この米を丁寧に、磨き上げて使っています。
 越後の水は、ミネラル(鉱物質)の少ない軟水と呼ばれ、仕込み水に用いると「もろみ」がおだやかな発酵となるため、酒質は端麗で、やわらかくなめらかな味の酒に仕上がります。
 厳しい越後の冬、雪は酒造りに大切なきれいな空気を届けてくれるのです。昔から美酒は「寒づくり」と呼ばれているように、日本酒造りに適した季節は冬。越後の冬は、酒造りにもっともふさわしい季節です。






粟島のお土産「清酒粟島」
「清酒粟島」は新潟銘醸でつくられています。粟島の水と海水をわざわざ運んで仕込んだ吟醸酒。多くのミネラルを含む粟島の海水は、「酒母」と言われる酒造りで最も重要な段階で仕込まれるそうです。飲み口はややあっさりしており、粟島で味わえる新鮮なお刺身や海草などの海の幸との相性は抜群です!
 もちろん、「清酒粟島」は、粟島限定販売のお酒です。島内の売店などでは、ワンカップの他に700ミリリットル入りの瓶も販売されています。お土産に一本「清酒粟島」をおすすめします。



■長者盛の飲める店

新潟古町 風薫る (新潟古町)

新潟の時 (新潟駅前)

みさわ 白山浦本店 (白山公園・新潟市役所・白山駅周辺)

本格焼酎と彩食 いいこって(小千谷駅)
みさわ 新潟駅前店 (新潟駅前)
くいもんや 楽(小出駅)
居酒屋 響(小出駅)
すし道楽 小千谷店(小千谷駅)
旬彩の庄 坂戸城(六日町駅)
居酒屋 宴(十日町駅)





新潟銘醸    地図 ストリートビュー




新潟銘醸 (新潟県)










新潟銘醸の検索結果




新潟県の新潟銘醸に関連するお店  


楽天吟醸酒ランキング