山本五十六 長岡市



1884年(明治17年)4月4日〔生〕 - 1943年(昭和18年)4月18日〔没〕
第26、27代連合艦隊司令長官。海軍兵学校32期生。最終階級は元帥海軍大将。

山本五十六は明治17年(1884)に長岡市玉蔵院町の旧長岡藩士族・高野貞吉の六男として生まれた。五十六と名付けられたのは父親の貞吉が56歳のときに生まれたから。

第二次世界大戦中、日本海軍連合艦隊を司令長官として率いた山本五十六は、圧倒的な国力の差から米軍との交戦を無謀と考え、ドイツとイタリアとの三国間で結ばれた「三国同盟」にも強く反対したといわれている。

山本は少年時代、私立長岡学校の英語教師をしていたアメリカン・ボードの宣教師ニューウェルの日曜学校に通っていた。広島県江田島の海軍兵学校には聖書を携えて入学し、以後も英文の欽定訳新約聖書を携行していた。現在、この英文聖書は山本の遺品として、長岡市にある「山本五十六記念館」に収蔵されている。

2017年10月6日、連合艦隊司令長官・山本五十六も乗船した戦艦長門の「軍艦旗」が、ハワイ・ホノルル市の戦艦ミズーリ記念館から山本五十六記念館に寄贈された。


略歴
・明治29年(1896)、長岡本町高等小学校を卒業して、長岡中学へ進学
・明治34年(1901)、3年間広島県江田島の兵学校で教育を受ける。
・明治38年(1905)、少尉候補生のまま装甲巡洋艦「日進」配属となり日露戦争に出陣、5月27日日本海海戦で重症を負い、左手の中指と薬指を失う。
・明治42年(1909)、アメリカに駐在
・明治44年(1911)、海軍砲術学校と海軍経理学校の教官
・大正2年(1913)、両親が死去。海軍大学校に入学
・大正4年(1915)、長岡藩の家老職だった山本家の再興のため、家督を継ぐ。
大正5年(1916)12月、海軍大学校を卒業
・大正6年(1917)、腸チフスにかかり生命の危険に陥る、7月、海軍省軍務局員、8月34歳の時、旧会津藩士の娘礼子(22歳)と結婚。
・大正8年(1919)、アメリカに駐在、ハーバード大学に留学
・大正10年(1921)、帰国後、軽巡洋艦「北上」副長、続いて海軍大学校教官(軍政学担当)に転じる
・大正14年(1925)、霞ヶ浦海軍航空隊副長兼教頭になり、部下の教育にあたる。
・大正15年(1926)、米国大使館付武官として2年間アメリカに駐在。
・昭和3年(1928)、帰国後、8月から軽巡洋艦「五十鈴」艦長
・昭和4年(1929)11月、海軍少将に進級
・昭和5年(1930)12月、海軍航空本部技術部長
・昭和8年(1933)10月、第一航空戦隊司令官
・昭和9年(1934)、9月20日、第二次ロンドン海軍軍縮会議予備交渉の海軍側首席代表、12月、海軍航空本部長に任命
・昭和11年(1936)、海軍次官となる。日独伊三国同 盟に反対した。
・昭和14年(1939)8月31日、連合艦隊司令長官に就任する。
・昭和16年(1941)12月8日、真珠湾攻撃を指導する。
・昭和18年(1943)4月18日、米軍機に、搭乗 機を撃墜され、ブーゲンビル島のジャングルに墜落、戦死する。
 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 
・昭和18年(1943)6月5日、日比谷公園で国葬がとりおこなわれる


墓所
〔所在地〕 長岡市稽古町1636番地 長興寺

記念碑

ゆかりの地
  • 山本五十六記念公園(生家跡)
    〔特徴〕五十六の胸像と復元された生家が建っている

周辺の観光施設
行事
  • 越後長岡五十六まつり
    〔日時〕2015年5月16日(土曜日)
    〔所在地〕長岡市大手通2丁目/歩行者天国会場




部下・後輩に、いつどうやってアドバイスするか 3つのコツ ZUU
online-2016/09/18
最後に有名な山本五十六の指導方法を紹介したい。旧日本海軍連合艦隊司令長官として有名な山本五十六だが、彼の教育理念は現在でも様々な場面で活用されている。 「やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ」.











山本五十六の検索結果


長岡駅周辺のホテル・旅館











【山本五十六 色紙「男の修行」】

【山本五十六 色紙「男の修行」】
価格:900円(税込、送料別)