新発田祭り  新発田市



毎年8月27日、28日の両日行われる「新発田祭り」は、もともとは新発田市の総鎮守諏訪神社の祭りである。

諏訪神社について、鎌倉時代この地を領した佐々木氏は深く諏訪神社を祟敬したと伝えられている。慶長三年には豊臣秀吉の命により加賀の大聖寺より初代新発田藩主溝口秀勝が入府するや諏訪神社の祟敬厚く三代宜直、四代重雄の時、社殿修築普請等が行われ、それと共に祭礼行事が行われた。

この祭りがはじめて文献に現れるのは、元禄5年(1692)のことで、それより30年を経た享保11年(1726)には初めて「台輪」が登場したと記されている。享保11年は諏訪神社が神階正一位を賜った年である。

「新発田祭り」の最大の見ものは、なんといっても台輪の曳きまわしであろう。中でも見事なのは、二日目の28日、神社境内から各町内への「帰り台輪」である。台輪の出発は夕刻である。午後4時ころ各町内の役員や若衆が揃いの法被姿で続々と境内に集まってくる。いよいよまつりの最大行事「帰り台輪」の始まりです。多数の提灯に灯が入り、午後6時ころから一台ずつ、下町、上町、四ノ町、三ノ町、両町、上鉄砲町、泉町の順に台輪門から引き出される。

台輪にともなう囃子は、境内では本調子。台輪門をすぎると、前日の町廻りとは違った曲、帰り台輪の囃子となる。この頃から次第に若者たちは意気軒昂となり、俗に「喧嘩台輪」と言われるように、先を争って互いにもみ合い、あおり合うのである。

〔所在地〕新潟県新発田市諏訪町1丁目8−9 諏訪神社及びその周辺
〔アクセス〕
〔見どころ〕
  • 花火大会 8月24日(木曜日) 
    〔会場〕 陸上自衛隊新発田駐屯地

〔開催日時〕2017年8月18日(金曜日)~2017年8月29日(火曜日)
      8月27日 奉納台輪・民踊流し
      8月28日 まつりパレード
      8月29日 帰り台輪

〔交通情報〕

〔新発田まつりを紹介しているサイト〕


諏訪神社   地図 ストリートビュー






【新発田まつり】 From YouTube ※左上隅をクリックすると再生リストが表示されます






新発田駅周辺のホテル・旅館マップ




割烹の宿 いま井 五十嵐邸 結
新潟は月岡温泉の高台にたたずむ純和風割烹。越後月岡の杜に。ゆるやかな小径に。 ゆっくりと薄墨のとばりが降りるころ、私たちは宿の灯りを一つひとつ燈していきます。




御茶処 いちしま
ジャンル:食事処
アクセス:JR白新線新発田駅 徒歩5分
住所:〒957-0055 新潟県新発田市諏訪町3-1-17(地図
周辺のお店のプラン予約:
魚民 西新発田店のプラン一覧
福福屋 新発田駅前店のプラン一覧
中華美菜 香 のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 新発田・胎内×定食・食事処
情報掲載日:2015年12月29日

新発田市諏訪町周辺の飲食店
まちカフェ りんく
日本海板前食堂
里の子
会松



新発田市内のレンタカー