新発田城 新潟県新発田市



《新発田氏》
鎌倉時代の初期の頃、新発田氏の居館が置かれたのが始まりといわれる。新発田氏は佐々木源氏の後裔といわれている。
戦国時代の当主家重は、御館の乱後、上杉景勝に反抗し、天正15年(1587)10月、城を攻略され自刃して果てた。

《溝口氏入封以後》
慶長3年(1598)、上杉景勝が会津に移封になると、堀秀冶が越後の国主として、春日山城に入場した。溝口秀勝は、その与力大名として、加賀国大聖寺城から蒲原郡6万石を与えられて入封した。新発田重家の居城跡に新たに縄張りを施して大城郭を建設した。縄張りは、長井清左衛門が行った。

二の丸の「古丸」と称されたところが、重家時代の本丸跡であったという。十一代直溥の万延元年(1860)に加増されて10万石となった。城主の交代が頻繁におこなわれた江戸時代、外様大名溝口家は、明治2年の版籍奉還まで、十二代、270年間在城した。

城跡一帯に菖蒲が咲いていたことから菖蒲城とも、戦争の際、加治川の水を城下に引き入れるように築城されていることから浮舟城(舟形城)とも、狐が尾を引いて縄張りを教えたということから狐の尾引き城とも呼ばれている。新発田の地が城地に選ばれたのは、周囲が河川と沼沢に囲まれていて防御に有利であったこと、内島見潟を通って日本海に出られることから、海上輸送に便利であったことなどの理由による。

溝口秀勝は五十公野(新発田市)に仮住まいをして築城を開始した。旧新発田川本流と支流を利用して外堀とし、南北に長い地形を巧みに縄張りした。本丸大手門左右および裏門の升形の部分を石垣で固め、その他の部分は土塁であったが、櫓下は腰石垣を築いた。本丸に三層の乾櫓をおいた。その様式は、本丸の周囲に二の丸を、二の丸の南に三の丸を配した梯郭式平城であった。上町口と下町口には足軽屋敷、町の東と南側には寺町を置き、また一流を掘って新しい新発田川とし、城下町の防衛線とした。城郭が完成したのは、秀勝が入封して66年後の、三代藩主宣直の承応3年(1654)であった。
しかし、それから15年後の寛文8年(1668)、火災により全城焼失に等しい被害を受け、翌9年には大地震に見舞われた。城の完全復旧は30年後の元禄13年(1700)頃までまたねばならなかった。
城は、寛文8年(1668)と享保4年(1719)の2度の火災で焼けたがその都度再建された。

明治5年城郭毀却令が出されたとき、櫓十一棟、櫓門六棟あったが、このうち本丸内の三層櫓、巽櫓、鉄砲櫓などが取り壊された。城内には明治17年、歩兵16連隊が入隊、今日は陸上自衛隊が駐屯している。
隅櫓はもと二の丸にあったが、昭和34年に解体修理が行われたとき、本丸鉄砲櫓跡である今の場所に移された。
現在は表門と旧二の丸隅やぐら、本丸石垣と堀の約半分、旧土橋(どばし)門付近の土居が残っている。平成16年に三階やぐら、辰巳やぐらが復元された。
新発田城は新発田市大手町に位置する近世の典型的な平城で、平成18年、日本100名城に選定に選定された。
平成16年、城のシンボルとして三階櫓が復元されて、桜が堀端に植えられコントラストが見事だ。水堀をはさんだ新発田城址公園にはお花見期間中はぼんぼりが設置され、出店も出てとてもにぎわう。


〔所在地〕新潟県新発田市大手町6
〔アクセス〕 〔周辺の観光施設〕

〔交通情報〕
〔新発田城を紹介しているサイト〕



新発田城  地図 ストリートビュー






新発田駅周辺のホテル・旅館情報

新発田市内のグルメ情報


新発田藩 (シリーズ藩物語)
領主と領民の間には程良い関係が保たれ、溝口氏の治世は安定、学を好む穏やかな藩風を育んだ。




よみがえる日本の城 (14) (歴史群像シリーズ)


レストラン インダス
レストラン インダス
ジャンル:本格カレー店
アクセス:JR線新発田駅 車5分
住所:〒957-0052 新潟県新発田市大手町3-2-27(地図
周辺のお店のプラン予約:
春よし のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 新発田・下越×インド料理
情報掲載日:2015年2月2日









新発田城へ行く前に!見どころをチェック - トリップアドバイザー